タクティクスオウガ リボーンのよくありそうな質問

タクティクスオウガ リボーン

詰まりそうなところだけ簡単にまとめた。

購入前

どんなゲーム?

日本のシミュレーションRPGの原点とも言える作品。

1995年にスーパーファミコンで発売され、2010年にPSPで「タクティクスオウガ 運命の輪」としてリメイク。

そして今回、PS5&PS4、Switch、Steam(PC)から「タクティクスオウガ リボーン」が発売された。

架空世界、ヴァレリア島を舞台にした剣や魔法、ドラゴンもいるファンタジー世界だが、物語そのものは非情で重苦しい雰囲気なのが特徴である。

民族紛争をテーマにしており、ウォルスタ人として仲間とゲリラ活動をする主人公デニムは、戦乱の中で厳しい選択を迫られる。

難しい?

最初は簡単だが、第3章から手応えが出てくる。

第4章に入るとボスの火力が相当キツくなって、編成や戦術で工夫しないとまず勝てない。

特にラスボスは、それなりの準備が必須で、そのまま空中庭園に直行した場合、クリアするのはかなり厳しいと感じた。

ちなみに難易度設定はない。

正直、シミュレーションRPGが苦手な人や初心者にはハードルが高い。

ボリュームも膨大なので、クリアにも相当時間が掛かる。

覚悟して遊んでほしい。

オンライン要素はある?

対戦や協力プレイはない。

過去作との違いは?

おおよそPSP版である「運命の輪」からのリメイクと考えた方が良い。

  • グラフィックの高解像度化
  • フルボイス
  • クラスレベル制の廃止(ユニットごとのレベルに)
  • 全体のレベル上限設定(ユニオンレベル)
  • トレーニング(演習)の復活
  • ランダムエンカウントの廃止
  • バトルカードの追加(MAP上でランダムに出現する一時強化アイテム)
  • 偵察の追加(事前に戦場のMAPやユニットの確認)
  • 倍速モードの追加
  • アイテム合成成功率が100%に
  • TPの廃止(MPに統合)

戦闘

序盤のオススメの職業は?

アーチャー

序盤はMP消費なしで遠距離から火力を発揮出来るため、特定の敵に対して火力を集中させやすい。

ただし相手のナイトなど重武装の相手にはダメージが出ないし、中盤では火力面で苦しい場面も多い。

真価を発揮するのは、状態異常付きの弓や弩を手に入れてから。

片手弓バルダーボウ+1合成沈黙
片手弓ダマスカスボウ+1合成麻痺
両手弓クピドの弓合成魅了カウンターIII
片手弩バルダークロス+1合成沈黙
片手弩ダマスカスクロス+1合成麻痺
状態異常付きの弓や弩の一例

オートスキル「イーグルアイ」やアクション「トレメンダスショット」を使用した場合、状態異常の発生確率も100%(ただし相手にその状態異常の耐性がないことが条件)になる。

沈黙は後方の魔術師やヒーラーを無力化したり、ボスにも効くことが多いので強力な魔法を封じたりとかなり便利。

または麻痺は「C.H.A.R.I.O.T.」と組み合わせることで、かなり反則っぽいがほとんど行動させない(*1)ようにすることも可能である。

*1:例えば、対象となるボスの前の自軍キャラの攻撃対象や手段、移動地点などを変えることで、乱数が変わり麻痺の発生有無も変化する。

ルーンフェンサー&ヴァルキリー

攻撃魔法に回復と、距離を問わず活躍するので非常に使いやすい。

スキルなしで水エリアへの侵入が可能で、ユニットが詰まらずに展開しやすい。

欠点は全て中途半端で器用貧乏になりやすいこと。

ナイト

とにかく硬く、回復も使える。

ランパート系スキルで、敵の足止めも得意。

しかし必殺技を覚えるまでは、火力が出ない。

クレリック

回復はもちろん、除霊や蘇生でも活躍する。

しかしMPが枯渇しやすいため、オートスキル「瞑想」と合わせて、バトルカードでMP回復力を高める必要がある。

また非常に撃たれ弱く、敵のアーチャー系ユニットに狙われやすい。

回復アイテムが充実してくると、相対的に地位が低下する。

中盤以降の職業でオススメは?

テラーナイト

名前の通り、状態異常「恐怖」を付与させる強力なユニット。

相手の物理&魔法攻撃力、防御力を下げるため、脅威度を下げつつ、撃破しやすくなる。

「恐怖」はPSP版で猛威を奮ったためか、今作ではかなりマイルドになった感じ?

それでも有用であることに違いない。

暗黒魔法は「シャドウアタッチ」、「ドレインハート」あたりが使いやすい。

ちなみに「魔法攻撃力」のバトルカードで強化すると、ドレインハートの回復量も増えるため、自己回復力が劇的に向上する。

ニンジャ&クノイチ

高い機動力と二刀流による攻撃力が魅力的な職。

特に忍術「水蜘蛛の術」は「水上停止可」状態、「猿飛びの術」は「高低差無視」状態にすることで、ユニットが展開しにくいMAPで活躍する。

状態異常にさせるのも得意なので、敵の行動を阻害するのにも向く。

主人公の転職先として、こちらもオススメ。

ドラグーン

HPが多く厄介な魔獣、竜に対する決戦兵器。

それらが出てくるMAPでは大変重宝する。

○○バスター系のオートスキルは安定して発動しない代わりに、周囲のユニットにも付与するため、それらのユニットで集中攻撃すると良いだろう。

○○キラー系はアクションスキルだがMP35必要で、溜まるまでは使えないのが欠点。

併用すると4桁のダメージを簡単に叩き出すほどで、正に特効と言えよう。

4章で禁呪イベントで砦を攻略する時にも、魔獣やドラゴンが頻出するため役立つ。

ソードマスター

両手刀と必殺技による高火力、オートスキル「心眼」や「後の先」による圧倒的な近接迎撃能力、そして各種強化系の踊りが強い。

ただし各オートスキルは、弓や弩、魔法といった遠距離攻撃には無力であるため、過信は禁物。

回復が追いつかない

序盤はクレリックやナイト、ルーンフェンサー&ヴァルキリーなどのヒール系では十分。

しかし中盤以降、純粋に回復量が少なくて追いつかない場面が多々出てくる。

各ユニットにはキュアリーフ系(出来るだけ上位の物)を装備させて、ここぞという場面で惜しまず使っていこう。

ステージがクリア出来ない、ボスなど強すぎる

ユニオンレベルまで上げてない

上限まで演習で鍛えてから挑むべき。

城などの複数ステージで構成される拠点の場合、途中で撤退出来ない場合がある。

複数ステージ内では、演習によるレベルアップは元より、ショップの利用も出来ず、編成を変えるにも制限がある。

かならず複数ステージに入る前に、別にセーブしておくべきだ。

装備を見直す

ショップで売られている最高の装備を用意するのは当然として、合成が利用可能ならそちらも利用する。

敵将を狙う

相手のリーダーを倒すのが勝利条件になっていることが多い。

損害(ユニットのロストは除く)を覚悟して、必殺技を集中させて、一気に倒そう。

バトルカードを集める

全部で5種類ある(リセットカードを入れると6種)。

  • 直接攻撃力
  • 魔法攻撃力
  • MP回復
  • クリティカル
  • スキル発動(オートスキル)

非常に強力で有用なものばかり。

敵に取られるとより厳しくなるので、出来るだけ取らせないようにユニットを動かそう。

スキル発動はオートスキルの発生率が変化する。

事前にどのキャラにスキル発動カードを取らせるべきか、把握しておこう。

テラーナイト亡者の嘆き
ソードマスター心眼、後の先、一刀一閃
クレリック瞑想、聖母の祝祷
ウォーロック&セイレーン瞑想、エスクテンドレンジ
スキル発動と相性の良い職業とオートスキル

戦う場所を決める

ユニットが詰まって行動できないところに、呪文を集中砲火させられたら目も当てられない。

どの地点で戦うか、あらかじめ偵察して決めておこう。

MAPによっては初期位置で、引き付けてから戦うのもアリ。

アイテムを活用する

MPが0からスタートするため、マジックリーフをバンバン使ってくる敵より出遅れがち。

どうしても勝てないMAPなら、アイテムを惜しまず投入しよう。

能力低下アイテムを使う

  • 生贄の烙印(直接攻撃力ダウン)
  • 覇王の蜂蜜酒(対直接攻撃防御ダウン)
  • 言霊の魔石(魔法攻撃力ダウン)

を使って弱体化を図ろう。

状態異常を駆使する

沈黙やマヒといった拘束力の緩い状態異常ほど、ボスに対して通りやすい傾向がある?

ラスボスが強すぎる

準備が足りていない

ユニオンレベルである上限のLV40は当然として、寄り道などせず空中庭園に直行した場合、戦力が不足している可能性が高い。

禁呪の捜索イベントなどをクリアして、装備を集め戦力を増強しよう。

能力低下アイテムや回復アイテムなどは途中で補充できないため、数は多めに持っていくことを推奨する。

ショップ

合成は必要?

近接武器も最大火力が増えるため、お金が許す限り作っていきたい。

特に「腕」と「脚」は、防御力だけでなく、それぞれ「ジャンププラス1」と「ムーブプラス1」が付くため、非常に有用なので優先的に作って装備させたい。

ちなみに杖は呪文射程が伸びる。

魔術師・ヒーラー職を安全地帯から攻撃、回復させるためにも、こちらも欲しい。

マジックリーフが売っていない

今作からマジックリーフが販売しなくなった。

敵からドロップした分しか使えないので、強敵との戦いに温存しておこう。

普段用には、素材が店で全て購入可能な「学者の果実」(HP10%、MP10%回復)で代用すると良い。

裏技

金策(お金稼ぎ)

デニムに限らず、この手を汚してでも勝ちたいという人に朗報。

2章のクアドリガ砦で手に入る「ゲルゲの口伝書」から製作出来る「ゲルゲの吹矢・沈黙」・「ゲルゲの吹矢・毒」は、製作費用よりも売値の方が高い。

つまり合成と売却を繰り返すだけで、無限にゴートを稼ぐことが出来る。

ちなみに3章開始直後から販売される「遠隔武器錬成書II」の「バルダーブロウガン」なら、より効率的に稼げる。

回復アイテムがほぼ無限に使えてしまう(厳密には持ち込めるアイテム数は限られているが)ため、かなり難易度が下がる。

guest

0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る