PS4版マキシブーストONのオンライン先行体験会でオンライン対戦したら速攻でファンメールを貰った件について。

「PS4版 機動戦士ガンダムマキシブーストON(以下MBON)」

機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブーストON (マキブON・マキオン) | バンダイナムコエンターテインメント

ガンダムのゲームでは恐らく最もメジャーだろう、VSシリーズの家庭用最新作が2020年7月30日に発売予定である。

機動戦士ガンダム vs.シリーズ – Wikipedia

今回は、オンライン先行体験会なるオープンベータに参加出来たので、感想を述べたい。

VSシリーズとは?

MBONゲーム画面

知らない新規の人向けに簡単に。

TPS視点の射撃と格闘が混ざった3Dロボット対戦ゲームである。が、アーマードコアみたいに自由に動いて照準を合わせるのではなく、常に敵機をロックオンし続けており、操作自体は比較的シンプル(勝つためのテクニックは結構あるが)。

ゲームルールもコスト制一択であり、相手のコストを先に0にした方が勝ちというのは、どのシリーズでも共通である。コストと性能が比例しており、強い機体ほど撃墜されたときのリスクが高く設定されている。

もともとはアーケード版からスタートしているシリーズで、遅れてコンシューマ版が出ている。シリーズの初期は初代ガンダムだけだったが、ZガンダムやガンダムSEEDといったアニメ作品を中心に据えたシリーズも登場した。最終的に多くの作品が参戦しているガンダムVSガンダムやエクストリームバーサス方式が中心となった。

良かった点

では、オンライン先行体験会の良かった感想でも。

短時間で決着

ゲームスピードが早く、60秒~120秒くらいで決着が付くことがほとんど。バトオペみたく8分間拘束されることもないので、サクサク対戦が出来る。

登場機体数185体(36作品)

過去のコンシューマ版の中でも恐らく最多。ガンダムバーサスでは大幅に削られてしまい、ガッカリした人も多かっただろう。

安定したネットワーク対戦

カジュアルマッチを数戦やってみたが、特にラグなど感じることなくプレイできた。マッチングもそれなりに早かったので、不満はなかった。シリーズで蓄積されてきたノウハウが活きているのかもしれない。

悪かった点

民度の低さ

「MBONファンメール」

開始3戦目くらいでファンメールを頂いた。体験版からかなり飛ばしていて、これは思わず苦笑。ちなみに僕のバエルは総搭乗時間10分程度の試乗段階である。まじかよ。

昔からガンダム動物園と揶揄されるとおり、このシリーズの民度の低さはアーケードとコンシューマの中でもトップクラスに悪い。これ以上悪いゲームを探すのが難しいレベル。

ガンダム動物園 – YouTube

実のところ、煽りが常態化しているダークソウルシリーズでも、このシリーズほどファンメールを貰ったことがない。どうやらVSシリーズは場外乱闘が好きな人が多いらしい。

気になる人はPSアカウントの設定から、メッセージを受け付ける人を制限出来るので、設定しておこう。ゲーム内の通信は、同じくゲーム内で制限することが可能だが、意思疎通が重要になってくるゲームなので、全て切ってしまうのも難しいところではある。

初心者に優しくない設計

2対2で対戦する訳だが、その中に初心者が一人混ざると、99%くらいの確率で初心者がいるチームが負ける。それくらい定石のような最低限の知識とテクニックが要求されるし、ペアバトルなので影響が大きい。

そして負けると味方からファンメールが送られてくるのも、このシリーズのよくある話。まぁ勝っても相手からファンメールが来るのだが。

体験版なので、初心者と熟練者がごちゃ混ぜサラダボール状態になるのは仕方ないが、製品版では棲み分けないと、あっと言う間に人がいなくなりそう。過去シリーズがそうだったように。

このゲームは同じレベルの人とやっていると大変面白いのだが、現状は初心者部屋が狩り場になっており、初心者には劣悪な環境になっている。

一定のレベルに到達するには、wikiや動画等での研究が必須であり、向上心がないとまず続けるのは難しいだろう。

新鮮さがない

初代のシリーズからやってるけど、基本的なルールが共通なので、あまり変化を感じない。直系の前作であるPS3版フルブーストを1万戦くらい(これでも少ない方のようだが)やっていたからだろうか。MBONになったからと言っても新機体や細々とした変更があったくらいで、新作のゲームをやるような新鮮さがなかった。

感想

今のところ、たぶん買わないし、仮に買ったとしてもフルブーストみたいに熱狂的にやらないだろう。

現在買うべきか悩んでいる、シリーズ初の人に向けてアドバイスを送りたい。

まず一緒にプレイできるフレンドがいること。フレンドが上級者なら教えて貰えるし、同じ初心者なら練習相手として最適だ。フレンドが4人揃えられるなら申し分ない、この作品を最高に楽しめるだろう。

次にwikiで調べて研究する向上心を持っていること。相手の動きだけで全部理解するのは難しい、wikiにある情報をよく読んだり、上手い人の動画を参考にするだけでかなり上手くなる。リプレイを見て研究するのも良いだろう。

ミスして味方に迷惑を掛けて負けても泣かない。失敗したと思ったら通信で素直に謝る、謝って許して貰えないならほっといていい。それは相手が悪い。「勝敗は兵家の常」という言葉を理解出来ない人がこのゲームには多い。

ファンメールを貰っても落ち込まない。設定で制限するか、相手をブロックする。明らかに酷い言葉を使われていた場合は通報もしよう。

一人用モードについては期待しない方が良い。コンテンツとしては薄めで、やはり対戦がメインコンテンツである。

まぁ、頑張ってくれ。健闘を祈る。

追記(2020-06-29)

フレンドに誘われてシャッフルで対戦してたが、なんだろう、面白い。

飽きたと思ってたけど、前向きに一緒に出来る友達がいれば、まだまだ遊べそうな気がする。

さすがに4人揃えるのは難しそうだが。

コメントを残す