レーティングS-に到達した

「レーティングS-おめでとうございます!」

木曜日にS-が追加されて、なんとか到達(現在2712)して一息つけたので、感想をと。

S-に到達するために必要な勝率

レーティングランクチーム敗北チーム勝利維持に必要なだいたいの勝率
D- ~ D+-7+1041.18%
C- ~ C+-8+1044.44%
B- ~ B+-9+1047.37%
A--10+1050.00%
A-11+1052.38%
A+-12+1054.55%
S--13+1056.52%
S(未実装)-14?+1058.33%
S+(未実装)-15?+1060.00%
「現在のレーティング(2019.06.19 <開発便り>6月のアップデートについてを追加編集)」

A+維持には勝率が約54%必要とある。これは、勝率(戦闘に勝つ割合)を$x$、チーム敗北時のポイントを$a$とすると、

$\begin{align*}
x \times 10 + (1 – x) \times a &> 0\\
(10 – a)x &> -a
\end{align*}$

という式が得られるので、$a$に$-12$を代入すれば、開発便りの勝率約54%と一致することが確認できるだろう。

これによって求めた数を上記の表の右列に追加しておいた。

もちろんこれらの数値は、ライバル勝利の結果や切断による補償を考慮していない。ライバルに勝つことが多い人は、もう少し勝率が低くても上を狙えるかもしれない。

感想

「2,712」

レートがA+(2,687)から始めたのだが、一度2,620くらいまで下がって、そこから2,712にまで戻せた。何度か2,690近辺までいくものの、勝ち越せずかなり辛かった。

上記の最終戦で、めちゃめちゃ強い味方ばかりこちらのチームに来たおかげで、難なく勝ち越せた。みんなのおかげだ。頼りになるな。

直前までのレーティングマッチはかなり緩くなったと感じていた。前回もそうだったが新しい上位レートが解放されると熟練兵が戻ってくるようで、今回厳しい戦いが多かった。

かく言う僕も、レーティングには一月に1戦くらいの頻度しか出てなかったので、S-の世界はかなり厳しそう。当面は宇宙がまだAなので、まずそちらをA+にしなくては。

これからSとかS+が追加されることは、もはや既定路線だろう。上の表の通り、敗北時-14とか-15だと、個人的には到達出来る気がしない。でも今までのようにカンストしたから終わりでなく、高い目標が出来たことは良いと思う。

確か180時間は勝手に下がらないのだっけ。下がったら嫌だから、時間ギリギリまでレーティングには行かないようにしようっと。

向上心の欠片もない、見事なチキンっぷりに感服いたしマシタ。

あたしより強いヤツしかいねぇもん!こんなん無理だって!

着実に相対的に弱くなっていマスナ。修行がしてクダサイ。

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments