初の650コストスタートの支援「フルアーマー百式改」

フルアーマー百式改

現在650コスト支援と言えば、ZプラスC1一択の状態なのだが、果たしてフルアーマー百式改(以下FA百式改)はC1の牙城を崩せるのか。レーティングで何回か乗ってみたので感想を書く。

FA百式改とは?

百式 (ガンダムシリーズ) – Wikipedia

M-MSV – Wikipedia

M-MSVに登場する設定上の機体で、動画作品には登場していない。他のゲームだとGジェネレーションのジェネシスくらいで登場していたように思う。元になった百式改はまだバトオペ2には登場しておらず、この辺はガンダム7号機と似通った扱いになっている。

第2世代(Z以降の可変機以外の量産機全般)のMSを第4世代(νガンダム等のニュータイプ専用機)に対抗するために開発されたらしい。

モビルスーツ – Wikipedia

性能

FA百式改のスペックとカスタムパーツ案

高速移動が190、スラスター60と支援としては早めで、味方の汎用に割と付いていける。ただしC1のように高所に逃げることが出来ないので、北極基地などではC1の方が良さそう。

特筆すべきは火力、変形なしでC1の変形込み並の火力を叩き出せる。状況によってはC1で変形射撃をしにくい場面があるが、FA百式改なら状況に左右されずに火力を発揮しやすい。即よろけは肩部のビーム・キャノンのみだが、メインチャージによるよろけと胸部のメガ粒子砲による蓄積よろけと割と優秀。ミサイル・ポッドは足が止まるのでダウン時の追撃用か。

ただし格闘面では高性能バランサーがないので、高火力の専用ビーム・サーベルを振りにくいのは難点。高性能バランサーと格闘連撃制御まで持っているC1に見劣りしてしまう。ただし宇宙適正を持っているため、宇宙でサーベルは十分頼りになるだろう。

もう一つの長所は、恵まれた装甲値。機体HPの高さもそうだが、耐格闘補正が支援としては破格の28であり、カスタムパーツで補強すれば44と驚異的な防御力になる。耐ビームと耐格闘をここまで積むと、ジ・オやトーリス・リッター、ドーベン・ウルフと言った汎用で撃破するには割と時間が掛かるため、生存率はかなり高い。

スキル

感想

火力と耐久性に優れ、機動性も支援としては高い部類なので、かなり強いと思う。とにかく硬いので、孤立するか、エース級の強襲と遭遇して狩られない限りは、戦場に留まりやすい。

メインチャージ>ビーム・キャノンでダメージを稼ぎつつ、強引なマニューバーアーマーには後ろにブーストしながらのメガ粒子砲で、簡単に距離を取れる。ただしダメージコントロールが付いていると厳しいが。やることがとてもシンプルなので、誰がどのような状況で乗っても一定の成果を出しやすいのが魅力だ。

C1を持っていなくて、650コストで支援に乗りたい場合はオススメ出来る。C1を持っていても変形が苦手な場合もオススメしたい。ただしC1で十分活躍出来ているなら、トークンを節約した方が良さそうだ。支援は編成に何機も出せる訳ではないので。

C1といい、FA百式改といい、強襲を出さないと厳しい環境になった。しかし650コストで通用する強襲がキュベレイMK-IIくらいなもの。もうちょっと強襲を上方修正して欲しいところ。

カッチカチでビックリ。あのジ・オに撃たれたり切られても耐えられるよ!

FA百式改に匹敵するレベル耐格闘を持つ支援は実はハンマ・ハンマくらいなのデスネ。あちらは・・・射撃武装の使い勝手が良ければ採用頻度が上がったかもシレマセン。

シールドのビームはチャージ必須だっけ?なんか使いにくかったわ。

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments