EX-Sガンダムが当たったので

EX-Sガンダム

2020.12.17 抽選配給ラインナップ更新のお知らせ < Ex-Sガンダム >

半額ガチャで幸運にも当たったので見ていこう。

EX-Sガンダムとは?

Sガンダム – Wikipedia

ガンダム・センチネルに登場する主人公機Sガンダム(スペリオルガンダム)の武装強化したMS。Sガンダムはそもそもアナハイムが究極を目指して開発したガンダムであり、ZZと同時に開発された。

動画

【バトオペ2】第19戦 EX-Sガンダムで「ペズンの反乱」と「落ちてきた空」に出撃してみた[雑編集]

評価

典型的な射撃汎用。即よろけはメインチャージ、バックパック部ビーム・カノン、リフレクター・インコムの3つだが、メイン以外は静止射撃。射撃戦をさせてもらえるならかなり強いが、近寄られると苦しいので、編成には多く組み込めない。強襲を止めるというよりは、近づかれる前にいかに射撃でボロボロに出来るかがポイントだろう。

変形時の武装は独立しており、こちらは蓄積よろけが優秀。隙があれば変形して狙っていきたいところだ。

下格闘はステイメンのような前進しながらの切り上げなので、自衛には凄く便利。格闘補正と耐格補正が低めなので、自ら近づいて仕掛けるのには向いていない。

本機は射撃戦になりがちな無人都市や熱帯砂漠、港湾基地では、強みを発揮しやすいだろう。一方、北極基地など敵機に接近されやすいMAPでは、立ち回りが難しい。別の機体におとなしく乗り換えるか、早めに高台に避難するなど工夫が必要だ。

感想

射撃が強力なのだが、蓄積よろけが取りにくいので、マニューバー持ちに近寄られると支援並に弱い。一方で、中遠距離戦に徹するのであれば、支援の方が良さそうな気もする。

また競合としてはドーベン・ウルフが挙げられるが、あちらは拡散ビームのおかげで、咄嗟の接近戦にも強い。ドーベン・ウルフの方は安心感がある。

弱くはないのだが、ドーベン・ウルフが出たときのような強機体と言うほどではなさそうだ。

なんか逆三角形のゴテゴテしている機体だね。「ボクが考えたサイキョーのガンダム」って雰囲気がする。

まさに「最強のガンダム」がコンセプトになった機体デスカラ。映画「逆襲のシャア」の公開前だったので、「機動戦士ガンダムZZ」までの最強を目指した機体とも言えるデショウ。

機体調整(追記:2021年2月12日)

2021.01.28 ユニット関連の調整 <2021年1月実施>

  • 機体HP「18000」→「19500」に上昇
  • 機体スキル「空中制御プログラムLV2」を付与
  • Ex-Sガンダム用ビーム・S:集束「4.0」→「3.0」に短縮
  • リフレクター・インコム×2:
    マップ上のオブジェクトにヒットしにくくなるよう改善
    ユニットに対して命中しやすくなるよう改善

空中制御プログラムのおかげで、変形後の位置取りなどの微調整が行えるようになった。また主兵装の収束時間が短くなったので、メインチャージ>バックパックB・C>大腿部B・Cが狙いやすくなった。

射撃汎用としては悪くないレベルにはなったと思う。

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments