Window10でBuletoothが勝手に切断されるとき

Surface Pro 3(Windows10)でLogicoolのM575トラックボールと、K380キーボードをBuletooth接続で使用している。

しかし勝手に切断される現象が続いたので、その対処方法について書いておく。

症状

Windows10の起動直後は問題なく、トラックボールもキーボードも使える。

ただ一定時間経過後(30分以上?)にスリープから復帰したタイミングで、トラックボールだけが使えなくなった。

Surfaceなのでタッチパネルで代用していると、今度はキーボードも動かなくなった。

Buletoothを一度OFFにし、再度ONに戻しても再接続が出来ない(そもそもONになっていない?)。

再起動することで、どちらも復旧できるが大変うっとおしい。

解決策

どうやら原因は電源にあったようで、省電力モードで勝手に切断されている可能性がある。

スタートボタン(通常左下隅の窓のマーク)で右クリックを押し、デバイスマネージャを起動する。

デバイスマネージャ>ヒューマン インターフェイス デバイス>Bluetooth HID デバイス
「電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」のチェックを外す

感想

今のところ、症状は出なくなって快適にBuletoothが使えるようになった。

今まではキーボードのみBuletoothだったのだが、トラックボールもBuletoothにしてから、今回のケースが起こった。

ただSurface Pro 3を電源アダプタで供給していたとしても、発生しているのは謎だが。

接続するBuletoothの周辺機器の数が、影響しているのかもしれない。

追記(2022-01-11)

やはり直っていなかった。

逆にBuletooth接続のスライタスペンまで切断されるようになった。

Bluetoothドライバーの再インストールや、最悪Windowsをも考えなくてはならないのか。

guest

0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る