今週の木曜日から第2回目ランクマッチ開催!

前回のラックマッチは、どれだけバトオペ以外やることなく暇で、またバトオペに実弾と言う名の現金を投入できるかを競った不名誉な争いであった。

ランクマッチ実施後、運営から反省の弁があったが、そもそも開催する前に気づかない見通しの悪さが露呈した形となった。

2018.12.10 <開発便り>ランクマッチを終えて&次回アップデートについて

さて今回はどうなのか、9月5日に下記に概要がまとまっているので、感想など。

2019.09.05 【第2回ランクマッチ】概要

2019.09.05 第2回ランクマッチ報酬

 

1.今回のランクマッチの概要

前回のランクマッチ同様、ランクポイント(以下RP)を多く獲得し、全体やグループの順位ごとに報酬が貰える。

前回のランクマッチでは、このランクポイントが出撃するたびに獲得出来たため、基本的により多く出撃し、また月間MSボーナス(抽選配給機体で課金要素)を持っているプレイヤーが勝った。

それを反省して、今回は1日上位3回分しか反映されないようになった。

細かい説明は上記リンクを見てもらうとして、簡単に言えば、運良く3戦とも勝利し好成績を収められたなら、十分上位を狙えるということに。

負けてしまっても、戦闘回数には制限がないので、納得できるスコアまで挑戦することは可能。

第1回よりは確かにマシだと言えそう。

 

2.今回のランクマッチの報酬

今回のラックマッチにおいて、ここが紛うことなきゴミ

まず目玉であろうMSだが、ランクマッチ上位者にはザク強行偵察型の上位レベルがもらえるそうだ。

カメラ・ガンで敵にスポットして味方へ位置情報を共有するらしい。

カスタムマッチ限定の産業廃棄物になることが、登場前から約束されたようなもの。

これの上位レベルを、貴重な時間を割いてまで欲しい人はどれほどいるのだろうか。

特別任務でLV1は貰えるので、僕はそれで十分満足してしまいそうなんだが。

 

アクセサリーとマークも上位者の報酬として追加。

どうみても普通のバックパックに、誰がほしがるのか分からないP.M.U.マーク。

一番マシそうなのがリサイクルチケットだが、そもそもリサイクルチケットで買えるもので欲しいものは皆無。

まだ700枚近く余っているし、なくても問題ないレベル。

最もゴミなのがDP、いい加減使い道がなくて困っている。

サービス初期からやっている人で、200万以上貯まっている人は珍しくもない。

ジンバブエ$並にいらねぇ。

 

最後に総合ランキング上位者に貰えるエンブレムだが、経験値カンスト、DPを掃いて捨てるほど持っている人からすれば、頑張った名誉の証と言ったところだろうか。

コンテナ発見率が常時上がるので、便利かもしれないが、そもそもコンテナの中身が終わっている時点でお察し。

 

3.感想

素晴らしいことに、やる前から一切モチベーションが沸いてこない。

1周年が終わって力尽きた感じか。

機体のバランス調整も遅すぎて、かなり混沌とした状況になってきているし、バランス調整があっても、的外れな物が多い。

新規ユーザーで低レート帯はまだまだ面白いと思うが、初期からのユーザーはさすがにもう飽き始めているのでは?

A+高レート帯はギスギス編成抜けマッチングで、ストレスマッハだし。

対戦に対するモチベーションを維持する要素を用意せず、ただルートボックス(ガチャ)で機体をばらまいていくやり方には、疑問しかない。

日本でも、もっと積極的にルートボックスの規制が進まないかね。

 

とりあえず、デモンエクスマキナ楽しみだな。

コメントを残す