ついに強化施設が稼働開始。

長い間、仕事のなかったレオナさんが働き始めた模様。

強化施設が追加されたことで、どのような変化がもたらされるのか、今日はそれについて述べよう。

 

1.強化施設の概要

アップデートファイル ver.0112 の配信

公式サイト見てね、でほぼ終わってしまうのだが、ポイントは、

  • 機体1回分で70時間
  • 失敗はせず、成功か大成功(強化値大幅UP)の2つ
  • フル強化までの強化値は機体ごとによって異なる(機体のレアリティが影響)
  • 同時強化は最大4つ
    (階級「伍長」到達・戦功銀章取得・戦功金章取得で増加)
  • チケットで時間短縮が可能
    (1枚5時間短縮、機体のレアリティごとに使うチケットが違う)

と言ったところ。

 

2.感想

前作の強化システムは一言で言ってしまえば、酷いに尽きた。

強化によって一部のスロットを集中して増やすことが出来たため、未強化の機体との格差が大きく、「強化を終えていない機体では出撃するな」というのが暗黙のルールとしてあった。

特に前作だと味方の装備を確認することが出来たので、未強化or微妙な装備の人はキックされることが多かった。

失敗することもあって、お金と時間を巻き上げる最低なコンテンツだった。

今作と比較して前作を良かったと胃う人が結構多いけど、今思い出せば叩いてホコリしか出てこない酷いゲームだったと思う。

重厚感あふれるガンダムのゲームって点以外は、ラグも激しかったし、褒められるところがなかった。

それゆえ、2年くらい?でやめてしまった。

 

で、話を戻そう。

今作は良くも悪くも、装備を確認できなくなったから、元々影響は少ないと思っていた。

フタを開けてみるとどうだろう、そもそも強化される度合いが絶妙というか微妙だった。

名称 LV1 LV2
複合拡張パーツスロット ALL1 ALL2
フレーム補強 100 200
AD-FCS 1 2
AD-PA 1 2
耐実弾装甲補強 1 3
耐ビーム装甲補強 1 3
耐格闘装甲補強 1 3
プロペラントタンク 1 2
冷却補助システム 3% 5%
シールド構造強化 100 200

この中では複合拡張パーツスロットが最も強力で、特にLV2などは全てのスロットが2ずつ増える。

複合拡張パーツスロットLV1でも遠距離スロットが「2」の機体が「3」になるだけで、強化フレームLV4やLV5が付けられるようになる。

低コストの機体や遠距離スロットに恵まれていない強襲機だと、恩恵は十分にありそうだ。

が、元々それなりにスロット数(特に遠距離)に余裕のある機体だと、特定のスロットだけを伸ばせないので、多少カスタムパーツを入れ替えて微強化が出来るといったところか。

複合拡張パーツスロット以外の効果が、ご覧の通り微妙なレベルなので、前作ほどの極端な性能差は生まれにくいと思われる。

そういう意味では、一部の機体を除いてフル強化しても、ちょっとした優位に浸れる程度の、なかなか良い調整なのではと。

 

今作は、

  • ガチャ(ルートボックス)
  • 操作性に難がある宇宙
  • 遅すぎる機体調整
  • MAPのバランスの悪さ
  • プレイヤーのマナーと対策を講じない運営

と、挙げればキリがないくらい、悪い点が多い。

けれども、出撃エネルギー制で、それ以外でも課金要素が点在していた前作よりは楽しめている。

強いて運営に言うことがあるとすれば、

  • ガチャの救済措置の充実(そもそもガチャ廃止してほしいが)
  • スピード感のある調整(陸戦型ガンダムに対する調整が1年弱掛かっている件)
  • 迷惑行為に対する注意、罰則
  • パイロットの衣装の充実(ノーマルスーツばっかり)
  • アンケートの締め切りの修正(ずっと2118/07/25(月)のまま)

を心からお願いしたい。

コメントを残す