2024年5月28日(火)の日誌

2024年5月28日(火)のアイキャッチ画像

イスラエルVSエジプト

イスラエルとエジプト、ガザ境界で銃撃戦 エジプトの兵士1人死亡か – 産経ニュース

偶発的な衝突だと思いたいが、関係が悪化するのは避けられそうにない。

オカルト議員の集い

UFО対処論争、元祖は石破茂氏か 河野太郎氏も自衛隊に検討指示 小泉進次郎氏も参戦 – 産経ニュース

UFOに対処する暇があるなら、少しでも近隣諸国に対する現実の議論を進めて欲しい。

もちろん「UFO」が周辺国に対する暗喩で、他国からのドローン脅威に対する対策についての議論だったなら、価値はあると思う。

Jアラートの効力

ミサイル発射でサイレン 那覇に出張の会社員「地下に逃げろと言われても、地下ないし…」 – 産経ニュース

日本の領土に落ちて実際に被害が出るまで、避難する人はごく僅かだろう。

日本政府としても少しでも危険がある以上は発令しないと、「もしも」の時に責められる。

迷惑極まりない話である。

マジギレする教頭

「鑑別所に行く場合も」生徒に侮辱されたと思い脅した教頭、停職3月に – 産経ニュース

まさに大人げない。

私人逮捕と暴行

盗撮疑った男性に重傷負わす 男を逮捕、「パンツのぞいただけ」と盗撮は否認 – 産経ニュース

相手がまさに殺人や重傷を負わせるほどの凶悪犯であれば、怪我をさせてでも取り押さえるのは仕方ない。

しかし盗撮は軽犯罪である。

それを怪我させずに取り押さえられなければ、私人逮捕などすべきでない。

身勝手な正義感ほど、厄介なものはない。

別件逮捕

「ランサムウェアを使って楽に稼ぎたかった」生成AIでウイルス作成容疑の男 – 産経ニュース

コンピュータウィルスを作っただけで何故逮捕されたのか、気になっていたが別件で逮捕されて発覚したことが原因らしい。

実際にウィルスとして脅威があったのか、気になるところではある。

テロに使われる危険

「父親を殺害するため」青酸ソーダ窃盗疑い、大阪公立大卒業生の30歳男逮捕 – 産経ニュース

本人は家族を殺すために盗んだそうだが、場合によっては誰かに販売して、別の殺人事件やテロに使われていた危険もある。

劇薬を扱う以上、大学側には再発防止を徹底してもらわないと困る。

申し込む
注目する
guest

0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る