2023年7月24日(月)の日誌

頭部切断事件で父娘逮捕

ススキノ切断遺体、医師の父親が凶器の準備から関与の疑い…ホテル入室は29歳娘か : 読売新聞

若い女性が防犯カメラに写っていたが、まさか医師の父親が関わっていたとあって驚いた人も多いはず。

容疑者の勤務先である勤医協中央病院は相当混乱しているようで、以下のようなプレスを出した。

勤医協中央病院は2023 年 7 月 24 日、院長 鈴木隆司名で下記のご説明を発表いたしました。

 当院に勤務する医師が本日逮捕されたとの報道に、ご心配をおかけしていることをお詫び申し上げます。わたくしどももまったく事情がわからない状況で、本日の報道されている内容以外に情報がなく、ただ驚いているところですが、警察の捜査に協力してまいる所存です。なお、詳細につきましては、今は捜査への支障があるので、お問い合わせに対してお答えすることができませんことをご理解いただければ幸いです。

―法人情報部門からのお願い―

 勤医協中央病院の電話、ホームページ等は医療活動を行う上で不可欠の窓口となります。上記の発表に関しては、報道されている内容と上記ご説明が現時点で知りえているすべてです。お問い合わせいただいても、それ以上の説明はできません。電話での本件に関する照会や、ホームページへの繰り返しのアクセスは、診療に支障をきたしますので、おやめください。お願い申し上げます。

当法人の勤医協中央病院所属医師の逮捕に関して | 公益社団法人 北海道勤労者医療協会 -Hokkaido Kin-ikyo-

記事執筆時点において、病院の公式HPは接続出来ない状態が続いている。

報道関係者を始め診療に関係ない一般人も、当該病院の患者に迷惑が掛からないように、節度ある行動を心掛けて欲しい。

子供2人を殺害

きょうだい死亡、母逮捕 8歳男児への殺人容疑 水戸 – 産経ニュース

何があったにせよ、殺害する以外の選択肢はあったはず。

悲しい。

和歌山毒入りカレー事件から25年

和歌山毒物カレー事件から25年 消えぬ疑問と怒り:地域ニュース : 読売新聞

和歌山毒物カレー事件 – Wikipedia

4人の死者と63の負傷者を出した事件。

その後の死刑囚の子供らの差別された話を聞くと同情するが、一方で被害に遭われた方がいることを考えると、複雑である。

また最後まで死刑囚は犯行を認めておらず、また状況証拠だけで決定的な証拠は見つかっていない。

犯行の動機が不明など不可解な点がある。

真相や動機は分からないまま、25年が経った。

損害保険ジャパンもグルか

ビッグモーターに37人出向 損保ジャパン、担当部長も 金融庁、報告命令視野 – 産経ニュース

37人も人を送っていて、しかも不正の最前線である板金塗装部の部長になった者もいた。

それで知らなかったはないだろうに。

民主主義の終わり

カンボジア総選挙、与党が圧勝の見通し 首相は近く長男に権力移譲か – BBCニュース

民主主義が形骸化し独裁政権を生み出していることに国民が気付かず、後で国全体が酷い目に遭うのは後進国あるある。

練度と地雷

ロシア、オデッサの世界遺産攻撃 ゼレンスキー氏が批判 – 産経ニュース

兵士の練度不足に限らず、反転攻勢が遅れている原因はいくつかある。

  • ロシアに地雷や塹壕の準備に時間を与えすぎた
  • 戦車や戦闘機、長距離ミサイルの供与が遅い、もしくはまだ供与されていない
  • ウクライナの砲弾が十分でない
  • 未だにウクライナも旧ソ連式の指揮系統から脱却できていない

思った以上にロシアの生産能力が高く、長期戦では支援頼みのウクライナは厳しい。

勇気と機転だけで、領土奪還は難しい。

「あの青い鳥は死んだ」

ツイッターのマーク、「X」に変更…マスク氏「全ての鳥たちにお別れ」 : 読売新聞

さすがにこれはやり過ぎ。

仕様変更は合理的であれば受け入れられるが、青い鳥の削除は独裁者のブランドを押し通すための、暴挙でしかない。

いずれはTwitterという名前も消すつもりかもしれない。

申し込む
注目する
guest

0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る