2023年1月4日(水)の日誌

女子優先採用の帝京大教授解雇

本学教員の懲戒処分とお詫び | 帝京大学

昔は女性教員のお尻を挨拶代わりに触る人もいたくらい、酷いものだった。

今でもその感覚が残ったままの、主に高齢の教員が一定数残ってしまっているのだろう。

学校側が責任を持って問題が起きる前に再教育しなくてはならない。

ロシアと中国

世界10大リスク 「危険なならず者」ロシアが首位 – 産経ニュース

火中の栗を自ら拾う必要はないが、外交に必要かつ相手に戦争を起こさせないための軍事力は確保してほしい。

そもそも防衛力云々以前にエネルギーや食料自給率の観点から、日本は戦争したらほぼ負けそうだが。

若年女性支援組織の不正会計疑惑

東京都若年被害女性等支援事業について当該事業の受託者の会計報告に不正があるとして、当該報告について監査を求める住民監査請求監査結果(pdf)

【弁護団声明】東京都に対する住民監査請求結果について – 一般社団法人Colabo(コラボ)

昨年末からネット上で炎上騒ぎになっていて、今日の東京都監査事務局の発表を受けて、メディアも取り上げ始めた。

内容としてはタイトルにもある通り、東京都から委託されている性被害や虐待を受けた若年女性支援組織に、不正会計の疑惑があるというもの。

監査結果を読む限り、ほとんどの不正疑惑については妥当な会計であるとされたようだが、一方で一部妥当性が疑われている。

  • この事業以外との人件費、法定福利費が区別されておらず、按分が適切に行われていない。
  • 事業特性上仕方ないとは言え、領収書として認められないものが含まれている。
  • 実際に異なっていたり、購入していない備品が記されている。
  • 高額なレストランでの食事やホテル宿泊費、食事代とは言えない物品購入がある。

特に個人的に気になったのは食事代。

当該団体の弁護団曰く、

 まず、「一回当たりの支出が比較的高額なレストランでの食事代」は、2万円以上のレストランの領収証のことを指すと思われます。高額にみえるかもしれませんが、これは大人数での食事代(ひとりあたり1750円~3400円程度で令和3年度の1年間で5回程度)でした。

 また、一人当たりの食費がそれ以上になることが3回程度ありましたが、Colaboの支援対象の女性のお祝い事をするためでした。支援事業において女性との面談等において飲食店を使う際にはファミリーレストラン等の単価の低いレストランばかりですが、この時はお祝い事のため、比較的高額となったにすぎません。たまに行うお祝い事の値段としては特段問題になるほどの金額ではないと思料しておりますし、Colaboに関わる女性たちの多くは生育環境に複雑な問題を抱えており、誕生日や進学、就職などを祝われるという経験がこれまでなかった若年女性もいます。そのようなことも踏まえると、時に、親しい人とお祝いの気持を分かち合う食事の席を経験する機会をもうけることも、重要な若年女性支援事業の一環であるとColaboは考えています。

【弁護団声明】東京都に対する住民監査請求結果について – 一般社団法人Colabo(コラボ)

とのこと。

ただ10代女性が単価の低いファミレスで、1人1,750円分は相当な量である。

10代男性なら食べ盛りなので分からんでもないが、一般の10代女性がそんなに食べるとは思えない。

また1人3,400円を上回る高額なレストランでの食事を、「お祝い」として支援事業の一環とすることも、妥当性が疑われても仕方ない。

個人のポケットマネーや寄付で行うのであれば問題ないが、公金を使って行うべきかは疑問の余地がある。

皮肉にも当該団体の弁護団が指摘するとおり、本来は福祉行政が直接責任を持って担うべき事業である。

どうしても民間に任せると、今回のような「領収書と情報漏えいの責任問題」や「支援事業の領域」などで行き違いが生じる。

行政自ら事業を行うか、もっと入り込んで監督する必要があるように思う。

サムネイル

「ポプテピピック」よりポプ子

ポプテピピックはアニメで見たけど、面白さがどうも分からなかった。

OPはセンスが良かったし、声優も豪華だった。

漫画だと面白いのかもしれない。

guest

0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る