2021年8月23日(月)の日誌

イスラム法の下で

【テヘラン=水野翔太】アフガニスタンの親米民主政権が倒れてから、22日で1週間となった。全土を掌握したイスラム主義勢力タリバンは、女性の人権侵害などを懸念する国際社会の承認を得るため、融和路線を強調する。国内では、それ
アフガニスタンのカブール空港の北ゲートで23日、アフガン治安部隊と正体不明の攻撃者との間で銃撃戦が起こり、治安部隊側の1人が死亡、3人が負傷した。ドイツ連邦軍がツイッターに投稿した。

もはや迫害される可能性のある女性を中心に脱出するしかないが、受け入れ先があるのかが問題。

強制力

新型コロナウイルス患者用の病床逼迫を受け、田村憲久厚生労働相と東京都の小池百合子知事は23日、東京都千代田区の厚労省で、都内の医療機関...

感染症に対応する人材や設備がないので院内感染を防げないと言ってしまえば、大抵の病院は正当な理由で拒否できそう。

あまり効果はないのでは?

それよりも既存のコロナ感染者以外の入院患者と分ける意味でも、仮設病床の確保が必要だと思う。

そう考えると中国の野戦病院の設置は判断と対応が異常に早かった。元々想定していたかのごとく。

支離滅裂

東京都の小池百合子知事は23日、開会を翌日に控えたパラリンピックを児童生徒が観戦する「学校連携観戦プログラム」について、「より一層、本...

パラリンピック観戦の教育的意義は理解出来るが、今の感染状況なら一律で中止すべき。

ただオンライン授業での指導には限界がある。

児童生徒らの反応や作業状況を見ながら授業は行うものであって、それがオンライン授業では難しい。

基本的に口頭試問で内容の理解を確認する他ない。

生徒を映すカメラとノート代わりに書き込めるタブレットPCで、教員側で両方を見られる環境が整えば理想的だが、全国的にもそこまで充実したオンライン授業を行っている学校は私学にもなさそうだ。

guest
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る