ヨドバシ・ドット・コムのサポートがヤバイ件について

次亜塩素酸水の生成機(フラックス製ジア・ポケット)を返品することになったので、購入元のヨドバシ・ドット・コムに依頼しようと連絡して、まったく繋がらなかった件について書こうと思う。

ヨドバシ.com – ヨドバシカメラの公式通販サイト【全品無料配達】

発端

ジア・ポケットを購入したものの、家庭用の塩と水で生成されるのは電解次亜水だったので、メーカーに連絡して返品することになった。

LV73.net 次亜塩素酸水を生成出来る製品が手に入ったのでpHを調べてみた。

販売店に連絡してくれとのことだったので、ヨドバシ・ドット・コムのWebページ下部にある、「ヨドバシ.com – 返品・交換」の電話番号に掛けてみた。

連絡を取ろうとしたが・・・

ところが、通話中の「プープー」音ばかりで、まったく繋がらない。

仕方ないので、メールでのお問い合わせにあったアドレスに、返品したい旨を書き、送信。しばらく待つことにした。

で、5日ほど待ってみたのだが、連絡が来ず。お問い合わせフォームが別であったので、そちらに同じ内容を記入して送るが、やはり返信は来なかった。

ヨドバシ.com – お問い合わせ窓口のご案内

ネットで調べていると、どうやら常態化しており、例のコロナが原因ではなさそうだ。

ヨドバシドットコム 電話 繋がらない Google検索

決戦

連絡が取れないまま、1週間が経過してしまった。このままでは時間ばかりが過ぎるだけで、解決する見通しが立たなかったので、出るまで電話を掛け続けることにした。

「電話二刀流」

03から始まる方の電話番号をリダイヤルしまくることに。pioneerの子機よりも、iPhoneのリダイヤルの方が3倍早く掛けられることに気づいた。

開始から1時間が経過したときに、ようやくガイダンスが流れて電話が繋がった。繋がったときの嬉しさと言ったら、今年のグッドニュースTOP100に入るくらいのレベル。それくらい繋がらない。

その後13分経過したのちに、担当者と話すことが出来て、ガイダンスが流れてから19分後に無事、終えることが出来た。

すべて終わったのは電話を掛け始めてから、1時間20分後のことだった。

結論

返品する可能性のあるものをヨドバシ・ドット・コムで買ってはいけない、これは酷い罠。

飲料系とか本とか、比較的安価な小物なら送料は無料だし、配達も早くて使い勝手はいい。しかし、高額な家電製品などでトラブルが発生した場合は、僕と同じくサポートガチャを体験することになる。

どうしても連絡を取る場合、メールとお問い合わせフォームは恐らくチェックされてないから、送っても無駄になる。よって電話を掛けまくるしかない、頑張ってくれ。

サポート担当の人は普通に良かったが、声から疲労感が伝わってきてた。このような状況で、お客さんから罵詈雑言をぶつける人がいてもおかしくない。

担当の人数もかなり少ないのだろう。ヨドバシさん、ちょっとこれはブラック過ぎやしないかと。ネット通販がAmazon一強の中で、国内のヨドバシを応援していたのだが、今回の一件で素直に応援できなくなった。お客さんを大事にすると同時に、従業員も大切にしてほしい。

コメントを残す