Switch Sport(スイッチスポーツ)のテニス攻略情報

チャンバラ

ルール

マッチング

ダブルスルールのみで、プレイヤーが1人の場合は、前衛と後衛の両方を操作することになる。

プレイヤーが2人の場合は、前衛と後衛に分かれて操作する。

オンラインの場合、1vs1、1vs2、2vs2と幅広くマッチングする。

勝敗

オンラインでは7ポイント先取。

6ポイント同士で並んだ場合は、先に2ポイント取った方が勝ち。

9対9まで持ち込んだ場合のみ、先に先取した方が勝ちになる。

一方のオフラインでは実際のテニスと同じ構成になっており、最大3ゲームでポイントのカウントも0、15、30、40という表記になっている。

ロケットサーブ

高い打点でサーブを行うと、ピンク色のエフェクトが出る。

速度が段違いで速く、相手に返されにくい。

積極的に狙って見よう。

またあえてタイミングを遅らせて、緩いサーブを打つのもありだ。

左右の打ち分け

ラケットを振るタイミングによって、ボールを左右に打ち分けられる。

相手キャラがいない場所や相手キャラの隙間を縫うように、ボールを打てるようになれば、得点源になりやすい。

感覚的な部分なので、実戦を行いながら慣れるのが一番だろう。

キャラクターとボールの位置取り

キャラクターの右側にボールが来ているのに、左で振ると空振りになることがある。

特に球速が速い場合だと、空振りが発生しやすい?

キャラクターの左右どちら側にボールが来るのか、見極めた上で左右対応した方向に振ろう。

球速

Joy-Conを振る速度によって、球速が変化する。

あまりにも振るのが遅いと、ネットを越えられないこともある。

基本的には素早く振ることを心掛けよう。

あえてゆっくり振って、ネットギリギリに打つことも可能だ。

トップスピンとバックスピン

振る際の手首のヒネりで、トップスピンとバックスピンを打ち分ける。

トップスピンは前回転が掛かり、ボールが地面に落ちた後に球速が速くなる。

特に芝生のグラスコートでは、かなりの速度になるため、返されにくくなる。

一方のバックスピンは後回転が掛かり、空中でカーブが掛かる。

また地面に落ちた際に減速するという特徴がある。

両方を使い分けることで、球速に緩急をつけ、相手のミスを誘いやすくなる。

選球(せんきゅう)

コート左右と手前の外側ラインより、外で地面に落ちたボールはアウトになる。

なので全てのボールを返すのではなく、しっかりラインの内側か外側か見極めて返そう。

ラインギリギリの場合はあえて前衛で対応せず、後衛で返すようにするようにしよう。

スタミナ管理

前衛と後衛のキャラクターには、隠しパラメータとしてスタミナが存在する。

例えば後衛ばかりでボールを打ち返していると、汗のエフェクトが出てくる。

その状態だと少しでも無理な体勢で打ち返した時に、ボールを緩く打ち上げてしまい(青いゆるゆるのエフェクトが出る)、相手にスマッシュのチャンスを与えてしまう。

そうならないためにも、前衛と後衛は出来る限り均等に打ち返すように心掛けよう。

無理な体勢

明らかに届かない位置のボールでも、Joy-Conを振ることでスライディングをしてボールを拾える場合がある。

ただしあくまでこれは後衛の最後の手段であって、前衛で無理をして返そうとすると、打ち上げてしまいスマッシュを打たれる危険がある。

前衛で無理をする場合は、ボールの行く先に後衛がいない時くらいに留めた方が無難だろう。

コートの種類

グラスコート

芝生のコートで球速が速い。

ラリーが難しく、短期決戦になりがち。

球速が速いことを活かし、積極的に攻めるのが良いだろう。

クレーコート

土のコートであり、球速が遅い。

ラリーが続きやすくなるため、長期戦になりやすい。

ミスをしない慎重な立ち回りを意識しよう。

ハードコート

ピンク色のコートで、グラスコートとクレーコートの間くらいの性質だと言える。

guest

0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る