スーパーカブ110プロに乗り始めた

スーパーカブ110プロ(2022年モデル)

スーパーカブ50プロ / 110プロ | Honda公式サイト

バイクに乗ることは一生ないと思ってたが、乗ることになった。

原付二種に乗ろうと思った理由

熱中症と体力

夏場でロードバイクに乗っていると、熱中症で倒れそうになったので。

また遠方に用事がある時、ロードバイクだと疲労が気になるが、単車なら体力を温存した状態で現地で活動できる点も良い。

最高速度60km/h

車を運転してきて、原付一種の危なっかしさがずっと気になっていた。

原付一種だと制限速度は30km/hと決められている。

幹線道路では車と速度差があるため、頻繁に追い越しが発生して危険である。

しかし原付二種では60km/hまで出せるため、後続車の妨げになりにくく、その分追い越されなくなるため、逆に安全と言える。

もちろん速度が出ている分、事故が発生した時の運転手(同乗者)へのダメージも甚大なので、その意味では危険だが。

駐車のしやすさ

ホームセンターやスーパーなど、場所にもよるが、自転車と同じ駐輪場を利用できる事が多い。

ただし整備が進んでいないせいか、都市部ほど原付二種を止める場所に苦労しそうではある。

基本的に原付二種は駐車場を利用出来る。

しかし見た目の小ささもあって、法律を知らない人に「原付が車のスペースを使うな」などと誤解され、イタズラをされるリスクある。

スーパーカブ110プロを選んだ理由

積載量

前カゴを標準装備しており、後ろのキャリアも大きく大量の荷物を搭載出来る。

ホームセンターにある大きなボックスを付けることで、より快適に運べそうだ。

耐久性

お店の人曰く、通常のスーパーカブ110に比べて、各パーツの耐久性能が違うらしい。

今後に期待する。

燃費

68.5km/Lがカタログスペック。

実際にはもっと悪いようだが、それでも普段車を乗っている側からすれば脅威的な燃費の良さである。

そして燃料タンクが4.1Lと少ないため、満タンまでガソリンを入れても、ワンコイン+α程度で済む。

見た目

子供の頃、近所で走っていた郵便局や新聞屋のバイクが、この系統(郵便局は郵政カブと呼ばれる法人向け)だったため、個人的にバイクと言えばこのイメージがある。

ホンダ・カブ#MDシリーズ – Wikipedia

つまり自分の中でのスタンダードが、スーパーカブ110プロ。

ゆえに自分の乗りたいバイクはコレしかなく、それが2022年に新モデルが出たというのだから、もう乗るしかないと。

排ガス規制

将来的に、ガソリンを使うバイクに乗れなくなる日がやって来るだろう。

電動バイクのみしか認められない社会になると同時に、カブシリーズは幕を下ろすことになる。

ならば、今のうちにカブを堪能しておきたいと思い立った。

実際に乗ってみた感想

実原付二種の免許を取るために教習所に通ったが、教習で乗ったバイクはあまり楽しくなかった。

しかしスーパーカブ110プロに乗って、イメージが一気に変わった。

今はAT車ばかり乗っているが、MT車のシフト操作の楽しさを、スーパーカブ110プロが思い出させてくれた。

自分の思ったとおりに運転することの楽しさを感じさせてくれる、それがカブなんだと。

guest

0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る