新元号「令和」について

[曼朱院本]萬葉集 20巻 | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ

令和は万葉集の梅の花の歌三十二首の序文にある『初春の令月(れいげつ)にして 気淑(きよ)く風和(やわら)ぎ 梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き 蘭は珮後(はいご)の香を薫(かお)らす』から引用したものであります。

【新元号】菅長官記者会見全文「令和は梅の花の歌序文から引用」(1/2ページ) – 産経ニュース

正直な感想を述べると、現代っ子っぽい名前だよなって思った。

もう少し落ち着いた感じの二文字を予想していたので、微妙としか。。

とりあえず変換出来るよう、覚えさせた。

コメントを残す