名探偵ピカチュウを見て

ハリウッド版ピカチュウ

映画「名探偵ピカチュウ」公式サイト

映画館に見に行って、レビューを書くためにもう一度見た。

予告編

【公式】映画「名探偵ピカチュウ」WEB用プロモ映像

名探偵ピカチュウの無料フルムービー

POKÉMON Detective Pikachu: Full Picture

この映画の魅力が伝わる良動画だ。

あらすじ

保険会社に勤めるティム・グッドマンは、警察から父親であるハリー・グッドマンが事故で死亡したとの連絡を受けた。ハリーが拠点にしていたライム・シティのアパートで、ティムとだけ会話が出来るピカチュウと出会う。ハリーの相棒だったピカチュウだが記憶を失っており、ハリーの追っていた事件を調査し始める。

感想

良くも悪くもオッサンの声で喋るピカチュウの魅力が99%の映画。確かにピカチュウはキモカワイイとで言うのだろう。確かに良いと思う。

またエンディングも良かったので、見終わった後は割とスッキリした。

ただ途中「しまり」がなく、ピカチュウの仕草とかで間を持たせていた感じ。物語の展開はまさに起承転結のそのままなのであるが、だらだらとした「承」の展開部分や、「転」に該当する部分がまったく驚きがなかったのが原因だろう。エンディングまで盛り上がる要素が皆無だったので、かなり冷めた気持ちで見ていた。

僕はポケモンが好きでも嫌いでもないので、実写でポケモンが動くという部分にも感動がなかった。ピカチュウは可愛いと思っている。実写にしても十分可愛い、けれども、この映画はそれだけだった。

ピカチュウちゃん、きゃわわ~!!

黄色いネズミといい黒いネズミといい、人間はネズミが好きなのデスナ。

え、なんかその言い方めちゃくちゃ引っ掛かるのだけど。

ネズミは穀物を食害したり、伝染病の媒介になったり、場合によっては乳児や病人に襲いかかるコトモ・・・

あ゛あ゛あ゛あ゛~き~こ~え~な~い~!!

ディストピアを描いたジョージ・オーウェル作の「1984年」の主人公ウィンストン・スミスもネズミが嫌いデシタ。まさか終盤の拷問でネズミをあんな風に使うトハ・・・。

もうやめて!

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments