モンスターハンターライズの体験版で遊んでみた

MONSTER HUNTER RISE DEMO Version2

今週26日(金)に発売されるようで発表で存在は知ってたけども、特に注目せずに発売日が迫ってきた。体験版が出ていたので、友達と一緒に遊んでみた感想などを書こう。

モンスターハンターライズとは?

Amazon | モンスターハンターライズ -Switch (【数量限定特典】「オトモガルク」と「オトモアイルー」の重ね着装備など 同梱) | ゲーム

そもそもモンスターハンターについて知らない人に向けて。

ワイバーンや獣、恐竜といったモンスターと戦い、その素材で武器や鎧を作成するアクションゲームである。初代はPS2用ソフトの「モンスターハンター」で2004年に発売しているので、もう17年近くも続くロングセラーシリーズだ。シリーズ作品も多く、またファンも多い。

ゲームの進め方は、

  1. 村(街)で武器や防具を作成、強化し、アイテムを集めて準備する。
  2. 村(街)でクエスト(モンスターの討伐やアイテムの収集・運搬など)を受注する。
  3. クエストを達成し、報酬(素材)を得る。

の繰り返しであり、スピンオフ作品以外は全てのシリーズで共通している。MAPは村(街)と狩猟をするフィールド(複数)に分かれており、そこを行き来することになる。

初代モンスターハンターからオンラインに対応しており、他のプレイヤーと協力してクエストに取り組むことで、非常に有利に進められるのも大きな特徴だ。PS2はオンラインプレイの敷居が高く、本作が有名になったのはPSP版のモンスターハンターポータブルシリーズから。携帯ゲーム機なので気軽に友達同士などで、協力プレイで遊ぶことが出来たため、爆発的ヒットを記録した。

そしてモンスターハンターライズはNintendo Switchで発売予定の最新作である。

特徴

追加アクション

モンスターを操る操竜
モンスターを操る「操竜(そうりゅう)」

虫と糸で空中を飛び回ったり(翔蟲(かけりむし))出来るようになった。ワールドで遊んでいた人なら楔蟲の移動距離を狭めた代わりに、回数制限付きで自由にどこでも使えるようになったと言えば分かりやすいか。

そして壁走りで大抵の壁が登れるようになったため、ワールドよりも自由にMAPを移動することが可能になった。翔蟲と合わせて、移動がかなり快適になったと思う。

この辺り、遊んでいてゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの影響を受けていそうだと感じた。空中での自由度が結構高いので、パクリというよりはオマージュと言うべきだろう。非常に良い印象に感じた。

操竜はモンスターを一時的にだが、プレイヤーが操作できるようになる。マリオネットのように糸で操るらしい。実用的かどうかはさておき、モンスターを操作するのは新鮮で面白い。

今作は猫のアイルーだけでなく、犬もいて何と乗れる。壁は登れないようだが移動速度が早いので、素早く移動できる。

グラフィック

DEMO版のチュートリアル

PS4版とPC版のモンスターハンターワールドで遊んだ上での感想だが、明らかに劣っている。これはSwitchの性能に依存しているので仕方ない。

体感的に、

PC版ワールド>>>>>PS4版ワールド>>Switch版ライズ

と言ったところか。PC版はグラフィックボード等の性能に依存するが、逆に言えば環境さえ整えられたなら、最高のプレイ環境で遊ぶことが出来る。

ちなみにモンスターハンターライズは発売当初はSwitch版のみだが、既にPC版が今後発売されることがリークされている。例のCAPCOMの不正アクセスによる情報流出事件で明らかになったもので、公式発表ではないから確定ではないものの、グラフィックに不満のある人はPC版を待つという選択肢もあることを念頭に置いても良いかもしれない。

しかし、オンラインの人口やチート対策の点ではSwitch版の方が優れているので、オンラインをメインで遊ぶ人はSwitchの方を勧めたい。

オンライン

ワールドに続いて、クエストの途中からオンラインで参加要請を出せるのは素晴らしい。友達と遊ぶのも良いけど、知らない人と一期一会で気軽に遊べるので好きだった。ダークソウルの白霊のみみたいな感じだ。ただプレイヤーが参加したり募集したりするので、効率重視の人は熟練者をちゃんと集めた方が良いだろう。

感想

今作は触れるかどうか非常に悩んでいる。理由はワールドでかなり疲れてしまったから。

ワールドは従来シリーズよりも広大なMAPで探索のしがいがあったし、オンラインも遊びやすく結構な時間を費やして遊んだ。

だが、後半の追加コンテンツが全部クソで最悪だった。即死クラスの攻撃連発だったり、攻略方法を事前に勉強するのが必須だったり、単調な戦闘を繰り返させて非常に低いドロップ率の武器を収集させるなど、ゲームとして全く面白くなかった。ゲームとしての効率的な延命措置を優先するあまり、中身の乏しくまたは一定のユーザーしか楽しめない難易度の物に仕上がった。

加えて、新作が出る度に同じ事を言っているが、モンハンシリーズ自体に飽きているのもある。毎度毎度、素材を集めるために同じモンスターを必要な素材が揃うまで何回も倒す必要がある。それが耐えられないと、このモンハンを遊ぶ寿命は大変短い。僕みたいに一回撃破すれば満足な人は、長続きしないだろう。

いろんな武器を集めたり、それを様々なモンスター相手に使ってみたりして、モチベーションを保つことが出来る人は長く遊べるとは思う。

余談だが、ワールドを遊んでいて次作品はきっとオープンワールドを採用した作品になると思っていた。このマンネリ化から抜け出すには、十分あり得るだろうと。

しかし三國無双8のような失敗例もあるので、何でもオープンワールドを採用すれば良いというものでもないのが難しいところ。広大な世界で自由に狩猟することを楽しみにしている。

PS5のスペックなら実現できそうだが果たして?

今回から犬も登場するから、犬派だった人も安心して遊べるね!

メカやロボットが登場しないノデ、ワタシは全く興味がないデス。ロボを出すべきデス。

敵味方に分かれて戦うのも良いが、協力してモンスターと戦うのは良いことだな。友達とも長く楽しめるだろう。

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments