水月の構えの使い所

大タル爆弾によるセルフ水月の構え

MHRiseでの太刀は火力に優れ、防御面でもカウンターを使いこなすことでほとんどダメージを受ない。ポテンシャルが非常に高く、非常に人気がある。

しかしそんな太刀だが、翔蟲を2つ消費で出せるカウンター技「水月の構え」を使っている人を見ないし、僕もほとんど使ってこなかった。

なので今日は「水月の構え」について調べてみよう。

太刀のカウンター技について

太刀にはカウンター技が全部で3つある。

  • 見切り斬り:攻撃後ZR+A
    ただし練気ゲージが必要(わずかでもOK)
    カウンター成功時に攻撃がヒットするとZRで気刃大回転斬り(気刃無双斬り)に派生
  • 居合抜刀鬼人斬り:特殊納刀中ZR
    カウンター成功時に攻撃がヒットすると練気ゲージの色が1段階アップ
  • 水月の構え:抜刀中ZL+A(翔蟲2つ消費)
    カウンター成功時に練気ゲージの色が1段階ダウン
    気刃大回転斬り(気刃無双斬り)に派生

水月の構えの利点は、他のカウンターと比べ、抜刀中であることと翔蟲2つが使える状態であれば、すぐに狙えることだ。またカウンターの受付時間も長いから、タイミングを合わせやすい。

しかし気刃兜割りと同様、発動すれば練気ゲージが下がってしまう。翔蟲2つ消費が重めなのも問題。

火力を出す必殺技として見た場合、カウンター技であることが引っ掛かる。モンスターの攻撃に合わせて技を出す必要があるので、モンスターがダウンしたりマヒで痺れている時には使えない。

結果、火力を出すのが目的なら能動的に使える気刃兜割りの方が使いやすく、気刃兜割りのために練気ゲージの色を上げるなら、水月の構え以外のカウンターが良いということになる。

大タル爆弾によるセルフ水月の構え

大タル爆弾によるセルフ水月の構え

水月の構えを能動的に使う方法はある。それが大タル爆弾を用いる方法だ。

他の武器のカウンター技(片手剣の滅・昇竜撃など)もそうだが、置いた大タル爆弾(G)を自ら攻撃(隙が少ない突きが良い)してセルフカウンターを狙える。つまりカウンター技を能動的に使いたい時に使えるようになる。

修練場で大タル爆弾を消費せずに、練習できるので試して欲しい。

ただオンラインでは味方を巻き込んで、せっかくのチャンスが台無しになる可能性が高い。野良パーティでは使用は厳禁だ。あくまでソロか、フレンドとで。

結論

現状は翔蟲2つ消費と練気ゲージの色ダウン、それらに対する火力のバランスがイマイチと言えるので、使い所が難しい。

大タル爆弾でカウンターを誘発する方法も紹介したが、オンラインでは味方の邪魔になりやすいので使いにくく、実用的とは言い難い。ソロ用のほとんどロマン技と言って良いだろう。

練気ゲージの色がダウンするのではなくアップするか、翔蟲の消費が1に減れるなどの上方修正が来ればまだ使われそうだが、現状は封印して問題ない技という立ち位置。

鉄蟲糸技なのでモンスターに乗るために使うことも考えられるが、それは気刃兜割りでも同じこと。

気刃兜割りでガンガン斬っていった方が最終的に火力が出るだろう。

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments