UQモバイルにおけるVoLTE非対応SIMのサービス終了問題

auからuqに乗り換えても、第一線で使い続けたiPhone 6 plusだが、いよいよ別れの時が来たようだ。

概要

VoLTE非対応SIMカードサービス終了のお知らせ|格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】

まず前提の知識として、UQ コミュニケーションズはKDDI傘下の企業であり、UQ mobileはKDDIが提供している回線を利用して通信サービスを提供している。

その元になっているKDDIが3Gサービスを終了する影響を受けて、UQ mobileでもVoLTE非対応SIMが使えなくなる。

重要 3G携帯電話向けサービス「CDMA 1X WIN」終了のご案内 | KDDI株式会社

そこでややっこしいのがiPhone 6 plusの立ち位置。

4G回線による通話機能をオンにできません

現在のSIMでは4G回線による通話機能(VoLTE)をオンに出来ない。

つまりデータ通信は4Gであるものの、音声通話は3G回線を利用している状態だ。

しかしiPhone 6(plus)そのものはVoLTEに対応している。

iPhone | au VoLTE(ボルテ): サービス・機能 | au

なのでUQのサポートに問い合わせてみた。

UQへの問い合わせ

まずiPhone 6 plusを新しいVoLTE対応SIMへ差し替えて動作するか確認したところ、iPhone 6 plusでは動作しないと断言された。

サポートがそう言い切るので間違いないのだろう。

そうは言いつつも納得出来なかったので、UQのVoLTE対応SIMを借りて挿し混んでみた結果がコレ。

SIMが無効です

そもそも論として、iPhone 6(plus)はSIMロック解除出来ないようで、解除していたと思っていたのだが勘違いだった。

よってUQ mobileでiPhone 6(plus)は、SIMカードを交換してもVoLTEは使用出来ない。

あと、SIMカードの交換手数料についてだが、一時的に費用は掛かるものの、後で返却してくれるらしい。

VoLTE非対応SIMを使っているので、無償交換の対象になるようだ。

最後に

iPhone 6 plusとは少なくとも2022年3月末にはお別れになる。

既に発売されているiPhoneシリーズや、近々発売されるMOTOROLA edge 20やGoogle Pixel 6などから、iPhone 6 plusからの乗り換え先を検討したい。

guest
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る