HEARTHSTONEで安く課金する方法についてのまとめ

genymotion-14

2015年5月10日時点での情報であるが、先進的な@Penguin_Worksからの情報だと、Amazonコインを使った方が安上がりであるという。

しかしAmazonコインを用いた方法だと、AndroidやKindle FireなどのAmazonアプリストアでダウンロードしたHEARTHSTONEでしか使用が出来ない。

PC版はクレジットカードやPayPal、iOS版だとAppストア経由になる。

iOS版も安かったのだが、4月3日頃に円安の影響で値上げされてしまったのが残念である。

iOSアプリ値上げ 100円→120円に 1年半ぶり価格改定 – ITmedia ニュース

追記(2015年8月3日):

仮想環境での課金は、アプリ側から制限を受ける可能性がある。

実際にHearthstoneで課金したら、1,2回目は無事に課金出来たものの、3回目が上手く課金出来ずにフリーズした。

現在の環境では非推奨であると、言わざるを得ない。

 

Amazonコインの恩恵

ではまず、Amazonコインで現段階でどれだけ安くなるのか。

Amazon-coin「Amazonコイン」

一気に買えば買うほど安くなる仕組みになっている。

確かに安い。

2015年5月10日時点(1ドル 119.8050 円で計算)で、PC版、iOS版、Amazon版(android)で40Packsを課金したとしよう。

PC 5,989.05円
iOS 6,000円
Amazon 4,500円

と、かなりの差になっているのが分かるだろうか。

さらにAmazonでは10%コインバックキャンペーンも行われているので、500円分のAmazonコインが戻ってくることになる。

ゆえに実質4000円、うーん。

Amazon.co.jp: 【Amazonコイン】10%コインバックキャンペーン: Androidアプリ

ここまで書いておいて言うのも何だが、酷いステマになっている気がする。

 

PCでAndroidを使う方法

さて、Amazonの宣伝だけで終わってしまう前に、肝心のAndroid端末を持っていない場合はどうすればよいかについて、述べたい。

端的に言うと、Genymotionを使うという方法である。

これはPC(Windows、Mac、Linux)でAndroidの仮想環境を動かすためのソフトである。

ダウンロードをするために、アカウントを作成する必要があるので、事前にフリーメールを用意しておくのがいいだろう。

VirtualBoxを内部的に使うため、インストールする際には上書きするかの確認があるので、事前にインストールしている方は注意されたい。

また仮想環境も含め、かなりディスク容量を必要とする。

事前にインストールするドライブは、10GB程度ほど空けておきたい。

genymotion-1

Addから新規仮想デバイスを追加する。

genymotion-2

特にこだわりがあるわけでないが、解像度がほどよい「Google Nexus 4 – 5.1.0 – API 22 – 768*1280」を選んだ。

準備が出来たら、Startから起動しよう。

genymotion-3

デフォルト言語が英語になっているので、Settingsアイコンから日本語に変える。

genymotion-4

Language & inputを選択。

genymotion-5

Languageを選択。

日本語を選択すれば、表示が日本語に切り替わる。

右下のホームボタンをクリックして戻ろう。

genymotion-8

再びSettingsから今度はセキュリティを選択。

genymotion-9

提供元不明のアプリのインストールを許可する。

これを設定しておかなければ、Amazon Appsをインストール出来ない。

genymotion-7

今度はブラウザを起動して、Amazon Appsをインストールする。

Google Playからのインストールでは、Amazonコインでの支払いが出来ないので、注意すること。

genymotion-10

GoogleでAmazon Appsを検索したのち、ダウンロード。

genymotion-11

ダウンロードが完了すれば、左上に矢印アイコンが出るので、ドラッグしてクリックすればインストール出来る。

genymotion-12

インストールが完了すれば、ホーム画面にAmazon appsが表示される。

genymotion-13

起動して、HEARTHSTONEを検索、インストールすればOKだ。

genymotion-15

Amazonコインを買うには、クレジットカードか、それが難しければAmazonギフト券をコンビニなどで買うのが簡単だろう。

事前にPCのブラウザなどで買っておくのが望ましい。

カードを揃えたいために、次々と実弾をばらまきたくなるだろうが、ご利用は計画的にと自分にも含めて。

 

以上、この方法を使えば、安くAmazonコインで購入出来るが、仮想環境とは言え、情報漏えいなどのリスクはあるので、何が起きても「自己責任」でお願いしたい。

 

追伸

HEARTHSTONEを初めて1週間以上経過した。

やはり数多くのデッキと対戦することで、学ぶことも多い。

今のところ、メイジ、パラディン、ハンター、ウォーロックと初心者向けのデッキばかり使ってる。

安いし、早いし、強いし、分かりやすい。

ルールや大抵のカードの効果は覚えてきたが、最近は負け越してる。

  • 現状の優勢or劣勢の判断がつきにくい。
  • 対戦相手の使うカードの予想がまるで出来ない。
  • コンボがよめてない。

など、経験不足によるところが大きい。

いずれはコントロールデッキを作ってみたいが、カード資産的に厳しい。

ま、気長に。

guest
14 Comments
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments