Google Pixel 6用ケースで理想の物を見つけた

Amazon.co.jp: SUPCASE GooglePixel6 ケース 全面保護 耐衝撃 防塵デザイン 内蔵スタンド 黒 UBProシリーズ(GooglePixel6, 黒) : 家電&カメラ

去年の10月に購入したGoogle Pixel 6だが、背面のカメラ部分の帯状の突起のせいで、見た目も手触り感も良くない。

多少分厚くなってもよいから、裏面がフラットになるケースを探していた。

しかしどの製品も薄さを意識してためか、どれもこれもカメラ部分が出っ張っている物ばかり。

諦めずに探し続けた結果、どうやらSUPCASEのユニコーンビートルプロケース(Unicorn veetle Pro Case)なら、条件を満たしていると考え買ってみた。

そのレビューを書こう。

外観

左:ケース本体(内&外ケース)、右:ベルトに装着出来るアタッチメント

製品がすべてくっついた状態で箱に入れられてた。

記事の先頭に貼った写真を見てもらえば分かりやすいが、左のケース本体は上から押さえ込む内ケースと外ケースに分解出来るため、最終的なパーツは3つ。

画面保護フィルムは付属されていないため、別に買い求める必要があるので注意して欲しい。

気になる裏面

そしてこのケースを買った最大の理由である裏面だが、カメラ部分の出っ張りはないと断言して良いだろう。

理想的だ。

装着図

表面の縁はしっかり盛り上がっている
裏面のカメラも強固に守られているように感じる
アタッチメント装着時
アタッチメント装着時(裏面)
充電部分は開閉式

感想

良い点

裏面がフラットになった

これが一番大きい。

不快だった触り心地が劇的に改善し、ついつい触りたくなるほど。

素晴らしい。

手触り

写真では分からなかったが、さらさらのマットな感じで不快感は皆無。

グリップ感があるため、ホールドしやすい。

高い防御力

ケースが前に出てくるようになっているので、ぶつけたり落下しても本体に極力接触しないような工夫を感じた。

またケースの2重構造によって、防御力で定評のある有名なSpigen タフアーマー(iPhone 6 Plusで使ってた)と同等以上の性能が期待出来る。

逆に恐らくこれ以上の頑丈なケースを探すのは難しい。

ボタン周り

特に反応が悪いなどなかった。

僕はずっとケースありで運用していたため、特に操作していて問題だとは感じなかった。

ケースなしで運用していた人は違和感があるかもしれない。

悪い点

値段

約2,600円と、ケースとしては少々高い部類になる。

大きさ

全体的に1,2回り大きくなり厚みも増すので、薄くて小さい物が好みの人には合わないだろう。

個人的には分厚く大きい方が好きなので、全く気にならない。

USB端子のフタ

USB端子はフタがされており、ここを開いて充電を差し込むことになる。

開閉を行っていくとケース素材が疲労して、いずれは折れて取れてしまいそうな雰囲気がある。

ちなみに根元が割とゴツいケーブルを使っているが、差し込むことが出来た。

使用したUSB-Cケーブルの端子

裏面のスタンド

裏面のスタンド

プラスチック製で、乱暴に扱うとすぐに折れてしまいそうな感じ。

使う予定は一切ないので、問題ない。

総評

理想のPixel 6のケースに出会えた。

非常に満足度が高い。

次のスマートフォンでも、SUPCASEのケースを選択肢に入れたい。

ちなみにこれだけゴツくても、ワイヤレス給電には対応しているらしい。

SUPCASE | Pixel 6 (2021) | UB Pro Holster Case

USB端子のフタを一々開くのは面倒なので、これを気にワイヤレス充電にするか悩んでいる。

guest
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る