G-SHOCK伝統のスクエアデザインのスタンダードモデル、DW-5600E-1を買ったので

Amazon | [カシオ] 腕時計 ジーショック 【国内正規品】 DW-5600E-1 ブラック | 腕時計 | 腕時計 通販

せっかくなので感想を書く。

購入の経緯

腕時計は小学生の時から着けていて、

  • CASIOのデジタル腕時計(型番不明、バックライト付きで1,000円くらい?)
  • G-SHOCK G-100BT/2327(進学祝い、漢数字の不思議なデザイン)
  • SEIKOのソーラー式アナログ腕時計(就活用、今は紛失)
  • G-SHOCK GW-2310FB-1JR(最近まで使用)

と乗り換えてきた。

基本的にG-SHOCKが好きで、G-SPIKE G-300-3AJFとか、GW-2310-1JFを父親や友人に贈ったりしてた。

G-SHOCK GW-2310FB-1JR

そして最近まで使っていたこの電波ソーラーモデルだが、10年目に突入したあたりで、どうやらバッテリーが限界のようだ。

光に当てて充電しても、すぐに「LOW」と表示されるようになってしまった。

バッテリー交換の修理に出しても良かったが、前からスクエアタイプのG-SHOCKが欲しくなってたので、別途買うことにした。

DW-5600E-1を選んだ理由

当初の予算は2万円以内。

人に見せびらかすこともないので、質実剛健が最優先。

そこで悩んだのが電波とソーラーの有無。

前々から聞いていたが、ソーラーは10年で駄目になる。

なので次のG-SHOCKは、自分でボタン電池を交換して、長く愛用出来るモデルが欲しかった。

電波もあった方が便利だとは思うが、月±15秒程度の誤差なら不要な気もした。

その精度なら、半年か、1年に1回、時刻を修正するだけで問題なさそう。

無駄がないモデルにこそ、価値を見出したい。

そう思って、今回はDW-5600E-1を選んでみた。

感想

G-SHOCK DW-5600E-1(バックライト点灯時)

初めてのスクエアタイプのG-SHOCK。

堅牢な見た目もさることながら、文字盤が見やすいのが何より嬉しい。

しかし時計を傾けた時にバックライトが点灯する機能は、このモデルにはない。

暗闇でもボタンを押さずに、時間を確認出来るのは便利だった。

ボタン電池の限られた容量では難しいのだろう。

電池は2年ほど持つらしく、可能な限り大切に長く使っていきたい。

追記(2022-11-25)

使い始めて1月以上経過したが、時間のズレは3~4秒ほど。

この精度なら年1回くらいの時間調整でも、全く問題なさそうである。

電波でなくとも問題なかった。

guest

0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る