2021年12月14日(火)の日誌

PMC

【パリ=三井美奈】欧州連合(EU)は13日、ロシアの民間軍事会社「ワグナー」がウクライナや中東、アフリカに傭兵(ようへい)を派遣し、人権侵害を繰り返しているとし…

ロシアが都合良く動かせる軍事組織って感じだろうか。

平和なのは世界の一部だけ。

税込6,578円のプラバン

ゲーム機「プレイステーション(PS)5」の、興味深いデータが発表された。国内のゲーム売り上げを集計している「ファミ通.com」によると、2021年11月29日~12月5日のPS5推定販売台数は、通常版・デジタルエディションを合わせて「1919台」だったという。過去のPS5の推定販売台数の数字を調べると、しばらく1万台を上回っていた。10月25日~31日は2万4016台、11月1日~7日は1万120

外側のプラスチックのカラフルな板だけ売ってて、肝心の本体が日本で売られていない。

もうちょっと何とかならんものなのか。

「機動戦士ガンダムオンライン」サービス終了へ

傷害事件まで引き起こしたあの問題作、ガンダムオンラインがサービス終了になるようだ。

オンラインゲームで口論 相手の自宅に乗り込み刺される

 埼玉県警岩槻署は10日までに、知人男性(32)を包丁で刺したとして殺人未遂の疑いで、さいたま市岩槻区の無職・斎藤純一容疑者(31)を現行犯逮捕した。男性は腹部を刺され、重傷。
 岩槻署によると、2人は12年前にゲームセンターで知り合い、その後も交流を続けた。9日夜、それぞれの自宅でパソコンのオンラインゲームをしていたところ、言い争いに発展した。アニメ・ガンダムのゲーム中に音声チャット上で「お前、弱い」「使えない」「下手くそ」などと口論になったという。
 男性は「話の決着をつけよう」と車を運転し、斎藤容疑者宅を訪問。男性が路上でクラクションを鳴らすと、斎藤容疑者が自宅から持ち出した包丁を手に姿を現し、男性の腹部を刺した。
 斎藤容疑者は容疑を認めており、「以前に男性から殴られたことがあり、やられると思って刺したが、殺すつもりはなかった」と供述している。斎藤容疑者は自ら自分の父親に男性を刺したことを告げ、父親が「息子が人を刺した」と110番。岩槻署員が現場で逮捕した。
 逮捕容疑は9日午後10時45分ごろ、斎藤容疑者が自宅前の路上で、同県春日部市の男性の腹部を文化包丁(刃渡り約20センチ)で1回、刺した疑い。

オンラインゲームで口論 相手の自宅に乗り込み刺される:社会:スポーツ報知(アーカイブ)

普段から罵り合いはバトオペはもちろん、VSシリーズでも頻発していた。

ゲームセンターでは周りの客を気にせず、奇声を発し、ガンダム動物園とまで揶揄された。

ただ、まさか流血事件にまで発展するとは、一体誰が想像できただろうか。

さて、肝心のガンダムオンラインの方だが、以下の動画が面白かったので貼っておきたい。

プレイ動画は探せばいくつも見つかるだろうが、この動画ではサービス開始当初からの流れが良く分かる。

バトオペ2も似たような感じで、何だか親近感を覚える。

ガチャの酷さは負けているが。

ちなみに僕はバトオペ2だけでも負担になっているので、ガンダムオンラインはやってない。

あまりプレイ動画を見ていても、モデリングや動きが安っぽかったのも敬遠した理由の一つ。

これからはスマートフォンで、もっとチープなゲームを作ってた方が儲かるのだろう。

宇宙世紀ガンダム最新スマートフォンアプリ『機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE』の公式サイトです。

ガンダムに限らず、ゲーム業界全体が負のスパイラルに陥っているように思う。

guest
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る