本や書類、伝説上の登場人物まとめ

ラリック
七大神で最も力を持つ神。人間担当。

ドゥナ
七大神でドワーフを創って、山奥で一緒に暮らした。

ティル・センデリウス
七大神でエルフを創り、知恵と長寿を与えた。

ゾリ・スティッサ
七大神で勇猛なリザードを創った。

プロジール
七大神であり、暴力と残忍な性格。オークを創りで、300年間奴隷として使役していた。

ザンデッツァ
七大神で陽気とお笑い担当。魔法と技術を得意とするインプを創造した。

アマディア(?:女性)
七大神。よそ者で孤独に生きることを好んだボッチ。種族を創造することはなかった。魔法を生み出した女性で、ある魔術師と恋をし、彼を不死にした。かれらの子が世界中にいる魔術師の元であると言われている。

ブラッカス・レックス(?:男性)
暴君としてフォートジョイを支配していたソース使いの王。回りに親しく接して仲間に引き入れて、破滅させる悪い奴。他人のソースを吸収する力を持つ。

クランリー・ヒューバート(詳細不明)
ヒューバート百科事典の著者。

フリードマン( 詳細不明 )
ソースの首輪を配っている人。

リック(種族不明:男性)
アレクサンダーの命令に従っているものの、疑問に思っている。ステフィンが恋人(奥さん?)

マギステル・ジェラルディン・リッデル(詳細不明)
エルフの土地に向かってから、ヴォイドウォークンの出現までの日誌を書いていた。