カテゴリー: 日誌

2021年5月14日(金)の日誌

自治体の長や職員の選考接種問題

自治体トップら 説明なく“先行接種”で批判殺到(2021年5月14日) – YouTube

先に接種すると宣言していれば良かった問題だと思う。予約出来なかった高齢者やその家族からすれば、不満の声が出るのは想像出来たはず。

後付けで釈明したから印象が悪いだけで、特に問題とは感じない。

ただワクチンの当日キャンセル分を接種したとのことだが、既に欧米などでキャンセル分の当日枠を設けるなどして対応していたニュースは日本にも流れていた。慌てて長や職員が余ったワクチンを打ったというのは、それはそれで杜撰だと思う。

そして、もう一つ東京都多摩市の職員約300人の先行接種について。

【独自】東京都多摩市職員約800人中、300人超がワクチン優先接種 「多すぎる」専門家も疑問視  (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

ワクチン集団接種会場従事職員の接種に関する報道について | 多摩市役所

全職員800人という数字が正しいのであれば、接種担当がローテーションで対応するとは言え、多い気もするが果たしてどうなんだろう。自治体ごとのやり方があるので、なんとも言えない。

最後に市長がワクチンの接種を行っていないとしているが、むしろ打つべきだと思う。順次ワクチンの接種が始まっているのに、指揮官である自治体の長や接種担当の職員が感染していたとなったら、それはそれで問題だろう。

ワクチン打たなきゃクビ

「ワクチン打つよう強制」看護師が断ると、病院は退職届へのサイン迫る 接種巡る労働相談相次ぐ|総合|神戸新聞NEXT

人にもよると思うが、高齢者はワクチンの副反応よりも新型コロナウィルスのリスクの方が高いので打ちたい人が多いと思われる。

一方でmRNAワクチンは人への投与したデータがないため、5年後、10年後に副反応が出る可能性も否定できない。むろん金銭的な補償がどこまでされるか不透明だし、副反応によっては金銭問題では済まないこともあるかもしれない。

こればっかりは専門家も難しいようで、それぞれが自身で判断するしかない。ニュースの顛末のように個人の意思が尊重されることを願うが、医療現場でこれなら一般企業は酷いことになりそうだ。

マイクロ波兵器

米外交官らが脳に「謎の損傷」 被害拡大、ロシアのマイクロ攻撃の疑いも – 産経ニュース

指向性エネルギー兵器 – Wikipedia

中国、マイクロ波兵器使用か インド軍否定:時事ドットコム

どんどん新しい兵器が開発されていくのが恐ろしい。

新型コロナウィルスも生物兵器として見れば十分成功したと言えるし、インターネット上でもサイバー戦争は既に起こっている。

第一次や第二次世界大戦とは違った形で、もう戦争状態に陥っているのかもしれない。

2021年5月13日(木)の日誌

ハンガーにつり下げられた点滴

「当たり前の医療ができない」「仲間を守れるのか」大阪・看護師たちの悲鳴 | 文春オンライン

3ページ目に掲載されている高齢者の方が自宅で、タンスにハンガーを引っ掛けて、点滴を受けながら治療を受けている様子が衝撃的だった。

この大阪における医療の現状を多くの人に知ってもらいたい。

日本医師会の政治資金パーティ問題

日医会長、4月20日の自民議員のパーティー出席 「時期が悪かった」と釈明 – 産経ニュース

問題点は3つ。

  • 自民党議員の政治資金パーティをまん延防止等重点措置の適用中に開くのが適切だったか
  • 感染拡大阻止を呼び掛ける側の日本医師会の会長が参加した

会長が発起人だったという報道もある。

日本医師会・中川会長がパーティー参加で大炎上! 背景に自民党「身勝手ルール」 | 東スポのニュースに関するニュースを掲載

結果的に日本医師会からの呼び掛けが、空虚なものになってしまった。

ただこの問題の本質は、このパーティ自体はまん延防止等重点措置には抵触していないことだ。

新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置 令和3年4月9日 東 京 都(pdf)

むしろまん延防止等重点措置の方を問題視すべきだろう。感染拡大阻止に効果を発揮していないことが今回の感染拡大で証明された。

北海道でも急激に感染拡大中

【速報】北海道 初の700人超 “過去最多”712人感染 札幌も最多更新499人

緊急事態宣言の対象になるのは時間の問題のようだ。東京、大阪に比べて、医療資源は多いとは言えないから心配。

これから生魚食べる人は閲覧注意

イワシの刺身で食中毒 アニサキス検出 千葉市 | 千葉日報オンライン

アニサキス|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

ダンジョン飯で主人公のライオスがジャイアントクラーケンの大寄生虫を生で食べて、苦しんでいた話を思い出した。

信用できるスーパーや飲食店でないと怖い。

2021年5月12日(水)の日誌

LINEは必要?

大規模接種、予約はネット限定 電話は問い合わせのみ:東京新聞 TOKYO Web

Webだけでも良かったのでは。2ヶ月ほど前にLINEの個人情報に対する管理体制の甘さが露呈したばかりなのに、何を考えているのだろうか。いや何も考えていないのか、黄金の最中のなせる業か。

LINEも楽天も…頻発する「中国リスク」に日本のIT企業が備えるべきこと 日本では十分な人材を確保できない | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

LINEは家族や友達とやり取りする分には、周りの同調圧力もあって使いたくないが使っている。特に流出しても特に問題のないものばかりではある。ただ仕事でも使わざるを得なかったのが辛かった。

キンライサーのガス給湯器の保証申し込みもLINEのみで行われていた。便利かもしれないが、依存しすぎではと思う。

問題は例えLINEに変わる良いサービスがあったとしても、周りが使ってないと浸透させるのが難しいこと。皆使い慣れたサービスを使い続ける。

ただアメリカの最大手Googleは安心できるのかと言われると、それも怪しい。Gmailなども危険だと啓発している人もいる。

企業の管理者には必ず閲覧できる権限を持った人は存在するので、完全に個人情報を保護するためには、外部サービスを一切利用せず、自前で用意するしかない。

しかしそれは現実的ではないので、妥協しながら利用していくしかないのが現状だ。メールサーバー一つ用意するにしても、コストが大きい。

結局のところ、妥協して付き合っていくしかないのである。個人情報が流出するのが怖ければ、LINE上でやり取りしないように気を付けるなど、自衛するしかない。

ワクチンは安全なのか

【ワクチン】ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も|日刊ゲンダイDIGITAL

世界でも死亡例は報告されており、例え僅かな確率だと言われても恐ろしいもの。かかりつけ医は所詮はたんぱく質だから、それほど恐れることはないと言っていた。

高齢者の場合、ワクチンの副作用よりもコロナウィルスで重症化するリスクの方が高いというのが一般論だろう。しかし血栓が出来て、接種後3日以内に亡くなったケースを聞くと、やはり躊躇してしまう。

国内での副反応の詳細は厚生労働省で公開されている。

新型コロナワクチンの副反応疑い報告について|厚生労働省

2021年2月17日~2021年5月2日の期間中、278万人が接種して死亡例は28件。およそ10万人に1人の割合で亡くなっている。

また同期間に発生したアナフィラキシーは、382万回の接種のうち、805件である。約100万回に211件で発生している。

アナフィラキシーとは、「アレルゲン等の侵入により、複数臓器に全身性にアレルギー症状が惹起(じゃっき)され、生命に危機を与え得る過敏反応」をいう。「アナフィラキシーに血圧低下や意識障害を伴う場合」を、アナフィラキシーショックという。

アナフィラキシーガイドライン スライド 日本アレルギー学会(PDF)

惹起(じゃっき):事件や問題を引き起こすこと。

割合で稀に起きると捉えるか、引き起こされる内容を重く受け止めるかは個人で判断するしかない。