2021年6月24日(木)の日誌

拝察

天皇陛下、コロナ感染拡大を懸念 五輪開催で宮内庁長官:時事ドットコム

定例記者会見で陛下のお気持ちを発表した、宮内庁長官の意図がよく分からない。

第四条 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。

日本国憲法 | e-Gov法令検索

今さら引用する必要もないのだが憲法にも書いてある通り、天皇が国政に関与する権限を持たない。

意見を述べられるのは問題ないとは思うが、世論に与える影響力の大きさから間接的に国政に関与してしまうため、望ましくはなさそう。

陛下との内輪話のことであるなら、宮内庁長官がそれを勝手に記者会見で話すのも可笑しな話である。また陛下が宮内庁長官を通して話して欲しいと依頼したとも考えにくい。

陛下の心情を察するあまりに長官が記者会見で話したと考えるべきだが。

あまりに異例のことなので、一体何が起きているのだろう。

イベルメクチン関連のニュース

コロナワクチンを拒否して亡くなる人々。「避けられた死」に苦しむ遺族たち

新型コロナウィルスの治療薬として注目されているイベルメクチンだが、お亡くなりになられたケースがあったので取り上げた。

ただ記事によれば、ワクチンを接種せず、また医師にも頼らずに独自でイベルメクチンを投与したとある。流石にイベルメクチンがどうの以前に、無謀すぎるとは思う。

確かにイベルメクチンを投与すれば確実に助かるというものでもないとは思うし、他にも助からずになくなったケースはあるだろう。

その明確な効果の確認をWHOが率先して行って欲しいものだが。

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments