logicoolの最新型M705Mが届いた。

M705 Marathon Laser Mouse – Logicool

諸行無常とはよく言ったもので、いつも使っているマウスなど特に損耗が激しい。

ついに初代M705(もちろんlogicool)が、右クリックの反応がかなり悪くなってしまった。

ストレスが溜まる一方だったので、思い切って新しいのに交換した。

 

Logicool ロジクール ワイヤレスマラソンマウス M705m 7ボタン 快適形状 Mac/Win対応 長電池寿命【アソシエイトリンク】

後継機なので、形や握り具合はほぼ一緒。

質感は結構変わっており、ツルツルした感じから、サラサラに。

初代は使い込みすぎて、両サイドのゴムもボロボロになってたから、どうしても新型の方が好印象になってしまう。

 

SetPointでは認識しないようで、新しいソフトウェアのインストールを求められた。

他のlogicool製品もないから削除することに。

 

新しい設定用ソフトウェアは「Logicool Options」。

見た目は黒基調で格好良く、直感的で分かりやすい。

アプリケーション毎にそれぞれのボタン割り当て等の設定が可能、とりあえずデフォルトで問題なさそう。

ただ、この時点で気がついたのだが、初代M705と違って親指の位置にあったボタンがオミットされている。

硬くて押しにくかったのだが、Ctrl+Wを割り当ててブラウザのタブを閉じたりするのに使ってた。

うーん、残念。

 

ちなみに他のlogicoolのマウスも検討していたのだけど、

  • 値段
  • 大きさ
  • 電池の持ち
  • ボタンの多さ

のバランスは一番これが良かった。

これでストレスから解放される、良かった。

 

コメントを残す