ディスプレイを買い換えた。

以前から使っていたサブ用のDELL製ディスプレイが。ご臨終になった。

電源を入れても数秒点灯したのち、消灯するといった感じ。

10年以上使ってたから、壊れても仕方なかった。

 

それで新しいディスプレイをどうするか色々悩んだ。

メインディスプレイを4Kに変えて、シングル環境もいいかなと考えたりもした。

ただメインがEIZOのFS2332という、ちょっといいのを使っているので、やっぱり安価なサブモニタにしておこうと。

機種別情報 FS2332 | EIZO株式会社

ナナオ、今ではEIZOだが、個人的にはあのメーカーが至高だと思ってる。

 

アドセンスリンク

 

で、選んだのがI-O DATAのEX-LD2383DBSという機種。

EX-LD2383DBS | ワイドモデル | IODATA アイ・オー・データ機器

決め手は安定感に定評のあるI-O DATAであること、角度調整が可能で縦にも対応しているところだろうか。

ワイドディスプレイであることは買ってから気がついた。

Amazonで18,978円、このレベルのモニタが2万以下で購入可能とはなかなかいいんじゃないかなと。

 

特に色にうるさい人でもないので、発色等に不満はない。

設置した図はこちら。

 

メイン横置きのF2332は、主に文書作成や画像・動画等の編集作業、動画、ゲームに使用。

サブ縦置きのEX-LD2383DBSは、PDFファイルの閲覧、ブラウジング等に特化することになりそう。

 

縦置きの使い勝手だが予想以上に使いやすい。

特に最近PDFファイルを読むことが多くなったので、とても読みやすくなった。

Webにしても、視認性が向上してとても快適。

欠点は、上部が目線よりも高い位置に来るので、少々疲れやすいかもしれない。

コメントを残す