バトオペ2のガチャが予想以上に闇が深かった件について。

アイテム一覧 | 【PS4】機動戦士ガンダム バトルオペレーション2 | バンダイナムコエンターテインメント公式サイト

今まで非公開だった抽選配給の提供割合が公開された。

個人的に「提供」という言葉には引っ掛かる。

ていきょう【提供】

1.自分の持っている物をほかの人の役に立てるように差し出すこと。

2.企業などがテレビ・ラジオの番組などのスポンサーとなること。

大辞林より

 

1.はじめに

細かい言葉の意味はさておき、これらの数字を眺めて、どう思うかは人それぞれだろう。

僕にはよく分からなかったので、数字を少し弄ってみた。

データは2019/03/14時点のものである。

ただし、各確率はHPで与えられた数字から、計算式を予想して算出したものであり、実際の数値とは異なる可能性がある。

あくまで参考程度として、捉えて頂きたい。

 

2.$n$回引いて、pick up、$\star$、$\star\star$、$\star\star\star$のいずれかを一つ以上引く確率

ガンダムバトルオペレーション2抽選配給の確率について – Google スプレッドシート

「すべての試行でハズレ(対象以外)を引いた事象の余事象」、つまり「1つ以上アタリ(対象)を引いた事象」を求めれば良い。

例えば、$\star\star\star$のアイテムは4%でアタリでなので、1回引いてハズレ($\star\star\star$以外)確率は、

$$1-0.04=0.96$$

となる。

2回引いて2回ともハズレである確率は、互いに独立な試行であるから、

$$(1-0.04)^2=0.9216$$

よって2回引いて2回ともハズレである事象の余事象、つまり2回引いて1回以上アタリである確率は、

$$1-(1-0.04)^2=0.0784=7.84\%$$

ということになる。

では、具体的な数値はスプレッドシートを見ていただくとして、1枚目のシートの計算結果から分かったことを見ていこう。

  1. 10連をすれば、よほど運が悪くない限り、抽選確率UP(以下pickup)か$\star\star\star$、$\star\star$のアイテムは最低一つ手に入る。
  2. 10連して$\star\star\star$が出る確率は約33.5%だが、pickupが$\star\star\star$だった場合は約76.6%である(表が複雑になるのでシートには記載していない)。

これだけを見ると意外にアリじゃんと思うかもしれない。

ただ気をつけて頂きたいのは、あくまで$\star\star\star$やpickupというグループが当たるだけで、目的のアイテムとは限らない点である。

 

3.特定のアイテムを一つ以上引く確率

2シート目は特定のアイテムを1つ以上引く確率である。

例えば、$\star\star\star$のガンダムLV3を当てたいとする(pickupの対象ではない)。

そのために、10回ガチャを引いたとすると、

$1-\left[ 1- 0.04 \times \left( \cfrac{1}{37} \right) \right] ^{10} \fallingdotseq 1.1\%$

つまり、10回ガチャを引いて、最低1つはガンダムLV3を手に入れることの出来る確率は約1.1%ということになる。

ちなみに、100回ガチャを引いて、最低1つはガンダムLV3を手に入れることの出来る確率は約10.3%。

もっと言うと、1000回ガチャを引いて、最低1つはガンダムLV3を手に入れることの出来る確率は約66.1%。

今まで新しく出てきてpick upの対象でないMSや武器がいくつかあって、まったく引けなかったが、これを見ると納得がいく。

こりゃ無理だと。

ちなみに1000回まで計算したものを3つ目のシートに作っておいた、笑覧して頂ければ幸いだ。

闇が深い・・・深すぎるわ(゚Д゚)

 

pick up絡みでもう一つ例を挙げよう。

今回だと「ジムスナイパー2[WD隊仕様](以下WD)」が好きで引きたい、なので奮発して50連ガチャ(16,200円相当)を引いたとする。

pickup対象だが、「陸戦型ゲルググ(VD)」も対象なので、pickupを引いたときにWDを引く条件付き確率は、$ \cfrac{1}{2}$である。

また、pickupでWDを引く事象と$\star\star$枠でWDを引く事象は互いに排反であるから、

$1-\left[ 1- 0.03 \times \left( \cfrac{1}{2} \right) + 0.28 \times \left( \cfrac{1}{117} \right) \right] ^{50} \fallingdotseq 58.4\%$

(この計算もスプレッドシート外で行った。)

つまり、50連ガチャをして、引けなくても何ら不思議はないということになる。

 

4.個人的結論

提供割合が公表されたことで、個人的にスッキリしてありがたい。

そもそもバンナムが自由に設定・変更可能なパラメーターであるところに、ユーザーが現金を放り込むのだから、不健全極まりない環境だった。

数値として出ている以上、これまで以上に各ユーザーは自己判断のもと、自己責任(元々そうなのだが)で課金すべきなのは当然だろう。

ただし、覚えていてもらいたいのは、確率とは「起こりえる可能性の度合い」であって、99%でもハズレの時はあるし、1%でもアタリの時もある。

初代ポケモンやってた人は、命中率70%の「かみなり」がいかに信用出来なかったか思い出して頂きたい。

ちなみにガチャ1回で324円、10回で3,240円。

もちろん無料で取得出来る分もあるのだが、「回りが持っていて自分が持っていないと欲しくなる」という人間の欲望を上手く刺激して、課金へ気持ちを向けさせる。

このバンナムが損しないようになっている仕組みは、素直に賞賛したい。

 

現状、誰かに勧められるゲームでは決してない、これは自分の中でサービス開始当初から一貫して変わっていない。

ただこうやって記事にするのは、課金以外の要素は決してクソゲーなどではなく、十分対戦ゲームとして楽しめる内容であるからに他ならない。

前作も同様。

本当に課金要素が残念でならない。

コメントを残す