第4回スポーツバイクデモin大阪に行ってきた。

1月13日、つまり先週の土曜に大阪でロードバイクの試乗会があると聞いて、ちょっと覗いてきた。

 

第4回スポーツバイクデモin大阪 | Y’s Road スポーツバイクデモブログ

場所は花博記念公園鶴見緑地のハナミズキホールというところだったので、ロードでふらっと走ってきた。

入り口付近では、ロードバイクの講習会が行われていた。

中では自転車グッズの販売はもちろん、漫画「弱虫ペダル」に登場する自転車の展示も行われていた。

主人公である小野田くんのママチャリが置いてた。

若干汚れて見えるのは、わざと再現するために、汚れて見える塗装を施したとか。

素晴らしい再現度だ。

 

メインイベントはもちろん、ロードバイクの試乗会であり、フルカーボンとクロモリのロードに乗ることが目的だった。

人づてにそれぞれの素材の良さは聞いているものの、やはり自分で乗って確かめるのが一番だと。

最初に乗ってみたのはキャノンデールという有名なメーカーのロードで、「是非乗ってみて」とこのイベントを紹介してくれた人に勧められてたので、まずここから始めようと。

しかしキャノンデールのブースは大人気で、30分くらい待たされた。

身長170cm付近の人が多かったようで、身長がもう少し低いか高ければ、乗れるバイクがあった模様。

他のブースの時は、待たずに乗れた。

ともかく最初に試乗したのは、ロングライド用のフルカーボンのロードバイクで、ディスクブレーキ付き、お値段65万円!

とにかく凄く軽いし、ブレーキの反応もかなり敏感で強力。

これで長距離走ると、スイスイ気持ちよく走れて、楽しいだろう。

ただ今回の試乗会はホール内の短い周回コースだったので、加速性能を体感することが出来なかったのが残念である。

無理に加速して滑って転けそうになってる人がいたが、あれは本当にやめてくれ。

誰かが巻き添えで怪我するので、そんな身勝手な人はロードなんかに乗ったら駄目。

 

次に乗ったのがコルナゴのフルカーボン車。

サドルが低くて良さが分からなかったけど、これも軽くて乗りやすかった。

これでも33万、さっきより安いとか思ってくる辺り、金銭感覚が麻痺してくる。

そして同じコルナゴでお待ちかね、クロモリフレームのバイク。

肌触りはヒンヤリとしており、カーボンに比べると若干重い。

試乗会のコースが狭かったため、良さが分からなかったのが悔やまれる。

というか、最初に乗ったキャノンデールが乗り心地が良すぎて、あれに乗った後だと、どうしても霞んでしまった。

このあたりから、キワモノに手を出し始めた。

スコットのマウンテンバイクで、サスペンションが特徴的。

乗ってみるとめちゃくちゃフニャフニャで、今まで乗ったことがない新感覚。

気持ち悪さよりも、楽しさが勝ってた。

これなら多少の段差でも、お尻に優しそう。

でも約55万円、うーん、高い。

そしてヤマハの電動ロードバイク。

電動自転車の加速性能と、ロードバイクの高速性能が両立されたモデルで、試乗してきたバイクでも一番安い(それでも25万円)。

普通の電動ママチャリだと加速性能は優れるものの、一定速度以上でない。

けど、こいつなら時速40kmを超えるのも苦じゃないと思う。

衝撃的だったのは、モーターとバッテリーが付いているのに、これも僕のDEFY3より軽いこと(´・ω・`)

最後に乗ったのがBMC。

ツールドフランスを見てから、ずっとかっこいいと思ってて、乗ってみたかった。

最初に乗ったキャノンデール並に素晴らしい乗り心地だった。

 

なかなか普段試乗する機会がない自転車ばかりだったので、良い体験だった。

50万越えのフルカーボンは、高いだけあって、比較にならないくらい軽くてビックリした。

しかしこんなに高いと盗まれるのが不安で、気軽に乗れないような気がする。

 

いつか欲しいとは思うが、今のDEFY3であと数年は頑張るぞ(`・ω・´)

コメントを残す