第24期阿含・桐山杯の大盤解説と指導碁に行ってきた。

京都市動物園を出た後、徒歩で観音茲恵会阿含宗総本山総本殿を目指したが、これがきつかった。

【京都】阿含・桐山杯 第24期全日本早碁オープン戦決勝 関連イベント | 囲碁大会・イベント | 囲碁の日本棋院

 

雨が降ってたのもあるけど、Googleマップが変なショートカットを指示したため、ちょっと迷わされた。

完全に手入れされてない道になっており、バスで行くのが正解だった。

明らかに歩行者に優しくないドライブウェイだった。

着いてから飲み物を探したが、自販機が見当たらず困った。

とりあえず会場で出されてたお水がなければ、大変だったと思う。

 

 

14:00から解説が始まり、14:15から指導碁がスタートした。

今日のプロ棋士の先生は優しい方で、僕のような7級程度の相手に、適度に合わせて打ってくれたので、一応終盤まで投げ出さずに打てた。

最後には勝敗が決していたので、投げちゃったけど。

以前、若いプロ二段の方に指導していただいた時には、打つ手がことごとく潰されてしまった。

あの時以来、指導碁はトラウマだったが、ここ最近何回か指導してくださった先生方は皆優しかったので、勉強になった…と思う。

 

肝心の大盤解説は眠気が来てて、うつらうつらと寝てしまった。

ただ最後に、生の高尾名人が見られたのが良かった。

NHK杯でテレビを通して見たことがあった。

そのテレビに出てた人が生で目の前にいると思うと、ちょっと感動した。

コメントを残す