京都市動物園に寄ってきた。

今日は観音茲恵会阿含宗総本山総本殿で、第24期阿含・桐山杯の大盤解説および指導碁があった。

天気はあいにくの雨だったので、ロードバイクで京都に行くのはさすがに断念した。

京阪で三条まで出た後、ぶらぶら会場まで寄り道しながら歩く途中に、動物園があったので寄ってみた話でも。

京都市動物園

 

 

入園料は大人が600円で、中学生以下は無料。

京都市内在住の70歳以上の方や障害者手帳などお持ちの方も無料。

園内はどちらかと言えば狭い方だが、バリアフリーになっていて、車椅子でも移動しやすそうだった。

時間が40分弱しかなかったので、ざっとしか見られなかったが、一通り見たい(撮りたい)動物は結構いたように思う。

ゾウやサル、キリンにシマウマなどは金網がなかったので、撮影しやすかった。

ただ被写体からかなり遠かったので、そこは”EF70-300mm F4-5.6 IS II USM”の出番である。

このレンズは値段、軽さ、描画性能のパフォーマンスが素晴らしい。

ちなみにカメラは7Dmk2を使用。

軽さ的にはX5でも良かったけど、7Dの電子水準器がとても便利。

それ以外の動物に関しては、大抵金網の中にいる。

カメラ側から金網が遠く、動物が金網に近いと、こんな残念な写真になってしまう。

ただし逆に、カメラが金網に寄って、動物が金網から放れてくれると、気付かないレベルで消すことが出来るから、工夫次第では何とかなる。

以下、上手く撮れた写真を何点か載せる。

鳥に関しては、天王寺動物園で”鳥の楽園”という金網やガラスを通さずに見られるエリアがあるので、撮影するならそちらが良かった。

入ってみて思ったことは、京都市動物園の良いところは、気軽に誰でも入りやすい環境なんだろうね。

コメントを残す