BAMBOO Inkが届いた。

今日発売されたBAMBOO Inkが届いたので、簡単なレビューを載せておく。

Bamboo Ink: Windows Inkに最適なスマートペン | Wacom

 

内容物

ペン本体、替え芯ケース、スタートガイド、仕様書、そして既にペンの中に入れてしまった単6電池。

単6電池はAmazon等の通販で買うか、最寄りの電気店に問い合わせるのが良いだろう。

流通も種類も少ないが、手に入れるのは難しくない。

ペンの細さのためには仕方ないが、iPadみたく、充電式にするなどもう少し利用しやすい形が良かった。

ちなみにSurface Penも単6電池。

替え芯はソフト、ミディアム、ハードのの3種が付属している。

ペン本体にセットされているのは、色から判断してハードだと思われる。

交換するときは、ケース上部についている穴に引っかけて、抜き去るようだ。

その当たりの説明はスタートガイドに載っている。

 

外観・スペック

BAMBOO Inkは、カラーリングといい、Wacomのペンといった感じで、すべすべしているがマットな仕上がり。

Surface Pen(Surface Pro3付属)は見た目通りのアルミ特有の手触りである。

どちらが好きかは好みによるが、色とクリップでBAMBOO Inkの方が個人的に好き。

2つの大きな違いは上の画像を見れば分かるが、BAMBOO Inkは三角形の形になっており、Surface Penは円形である。

BAMBOO Inkの方が握りやすいが、まだ長時間の使用をしていないので、いろいろ試してみたい。

ペン先のボタンはどちらも2つずつ。

Surface Penは時々ボタンがめり込んで戻らないことがあったが、BAMBOO Inkの方は押してみた感じそういった心配はいらなさそうだ。

BAMBOO Ink Surface Pen(Pro3)
寸法 直径:10mm 長さ:147mm 直径:9.5mm 長さ:135mm
重さ 19.2g 18g
筆圧 4096段階(*) 256段階

BAMBOO Inkの方が若干長くなっている。

Surface Penが少し短いと感じていたので、この点も良い。

筆圧はBAMBOO Inkの方が16倍も優れているが、Surface Pro3上で使うと、256段階相当でしか機能しないようだ。

そもそもSurface Pro3がハードウェア上256段階までしか対応出来ない。

つまりペンの最高性能であって、実際にはタブレット側の性能がボトルネックとなる。

将来的に最新のWindowsタブレットを導入出来れば活かすことが出来るが、Surface Pro3が壊れるのはまだ先の事だろう。

 

導入

Surface Penと使い方はほぼ同じだったと思う。

ただし、すぐに書くことが出来ず、”4.互換性設定の変更”をする必要があった。

このあたりは、Surface Pro3でPhotoshopを使うために、N-trigのWintabドライバを導入したのが、原因だろうと推測する。

 

とりあえずOneNoteでの使用がメインなので、ガリガリ書いてみたい。

コメントを残す