GUNDAM VERSUSのオンライン体験会(フェイズ3)に参加した感想。

2017年6月15日(木)と17日(土)の2日間で、1時間ずつ限定の体験版が遊べた。

15日は忙しくて参加する暇がなかったが、昨日プレイ出来たので、その感想でも書こう。

 

プレイしての感想

このシリーズは久々だったので、前半30分くらいはトライアルバトル(CPU戦)で、Gセルフとユニオンフラッグカスタムを動かしてた。

Gセルフは換装型の機体で、ノーマル状態である宇宙用バックパック装備がとても使いやすかった。

リフレクターパックは射撃性能が向上するものの、格闘性能が落ちたので、あまり使わなかった。

換装型なので、各形態を使いこなすのが大変だが、ストライクやインパルス同様、やりがいはありそうだ。

一方のフラッグカスタムは、変形キャンセルによる機動性能と、豊富な射撃武装で、実用性とかっこよさが両立された機体っぽい。

相変わらずグラハム上級大尉が良く喋るので、普通に動かしているだけでも面白い。

 

後半の30分は、CPU戦に飽きてきたので、3on3での対人戦を体験した。

2on2に比べて、よりいっそう周囲の状況確認が当然ながら重要になっている。

ターゲットが増える分、ロックオンの切り替えでストレスが掛かるかと思えば、そうでもなかった。

CPU戦では、対3機とか普通にあるので、以外と違和感はなく、楽しめた。

ただ、4戦に1回くらいの頻度で、常時マリオの水中ステージ並のラグが発生し、そのうち1回は通信エラーで落ちてしまった。

おそらく無線か、細い回線を使っているプレイヤーだろう。

間違っても応答速度が最悪のテザリングで、参戦してはいけない。

固定回線かつ有線接続のプレイヤー以外は迷惑が掛かるから、差別でも何でもなく止めるように。

1on1も楽しかったが、機体特性に大きく依存するため、あくまで練習用と割り切るべき。

 

PS3用のアケコンがレガシーコントローラとして使えたのはありがたかった。

ネット上では遅延が発生しているとのことだが、僕自身それほど反射神経が良くないから、よく分からなかった。

ただストライカーにブーストダイブと、入力するボタンが増えたので、コントローラの方がやりやすいかもしれない。

 

製品版について

いろいろ調べてて気がついたことがある。

まずフルブーストに比べて、機体が大幅に削減されたこと。

作品別で言えば、

  • ハサウェイ
  • G
  • Endless Waltz
  • X
  • Seed Destiny
  • ASTRAY
  • STARGAZER
  • OO二期
  • ポケットの中の戦争
  • MSイグルー
  • Bule Destiny
  • EXA

を全てカット(;´Д`)

アーケード版であるマキシブーストに初登場した、AGEも初期段階で参戦してないのは残念。

今までのバンナムの商法から察するに、これはDLCてんこ盛りか、のちに完全版が発売されるパターンだと予想される。

既にエクシア・デュナメス・キュリオスがいる中で、ヴァーチェだけが602円+税での有料DLC販売の予定らしい、さすが。

予約すれば「無料で使用可能に!」だそうだが、最初から入れておかない辺り、もう既にいつものバンナムである。

【PS4】GUNDAM VERSUS(ガンダムバーサス) | バンダイナムコエンターテインメント公式サイト

ちなみにちゃんと予約して買う予定なので、今後のDLCが登場するたびに、文句をたれながらプレイすると思う。

結局、周りでやる人がいることが大きかった。

 

ブーストダイブやストライカーが追加されて、ゲームシステムの変更が大きいため、今作からでも入りやすいかもしれない。

逆に現役のアーケード勢は感覚が合わなくなるので、参戦しにくいかもしれない。

家庭用とアーケードの棲み分けをバンナムは狙っていたようだが、果たしてこれがどういう結果になるのか。

 

さて、どんなウンコDLC商法を展開してくれるか、今から楽しみだ。

コメントを残す