FostexのPC100USB(USB DAC)の不調について。

「PC100USB」

ノイズを抑えるために、外付けのUSBバスパワーで駆動するDAC(digital to analog converter)が欲しくて、評判の良かったこの製品を選んだ。

Amazonの記録によれば、2014年1月19日に注文したことになっているので、3年は使用しているようだ。

しかし、途中でRCA端子が不調でスピーカーの片方から音が出なくなって、一度修理に出したことがある。

そして今回は、ミニプラグの方がやられたようで、ヘッドホンのやはり片方から出なくなってしまった。

持ち上げると改善することから、原因はミニプラグへの負荷ではないかと思う。

「側面からの接続図」

SONYのMDR-CD900STは標準プラグであるため、ミニプラグへの変換を入れた結果、重量がそれなりに掛かっていたと思われる。

Amazonのレビューを確認すると、高評価の中で同様の不良に遭遇した人が2名ほどおられた。

もう一度修理に出すよりは、標準プラグに対応した別のUSB DACを探そうと思う。

安価で音も良かっただけに残念である。

コメントを残す