「フォースの覚醒」を見た。

連休中に見ようと思ってた映画を一気に消化した。

その中でも一番気になっていたのが、スターウォーズの最新作である「フォースの覚醒」だった訳で。

ディズニーに買収された後のスターウォーズということもあって、期待と不安の半々で見てた。

 

感想

時系列的にはエピソード6から30年後の話なのだが、ハン・ソロ役のハリソン・フォードやレイア役のキャリー・フィッシャがそのまま続投で出演しているのは、驚いたし懐かしく思えた。

また新しく登場したレイやフィンのような新世代のユニークなコンビは、新鮮さもあって事前に抱いていた不安は十分に払拭された。

これこそがスターウォーズの正統な続編なのだと納得できる内容だった。

 

しかし、問題は物語の後半になるにつれて、飽きてきたことだ。

その原因は、後半の目的が大量破壊兵器の破壊である。

もうそのネタは定番過ぎるのだ。

スターウォーズのエピソード4,6も、最後の目的がそれだったし、ガンダムだってコロニーレーザー・カイラスギリー・ジェネシスと、最終決戦の目的に使われることが多い。

もうちょっと良い意味で視聴者の期待を裏切るような、趣向を凝らした展開が欲しかった。

 

もう一つ付け加えるなら、今回ダークサイド側で活躍が期待されたカイロ・レンがビックリするくらい弱かったこと。

序盤に登場した際には、圧倒的なフォースの力を見せつけて、視聴者に期待させていたのにも関わらずだ。

終盤、フォースをおそらく使えないだろうフィンとライトセイバーで戦って、結果的に彼を倒したものの、一般人相手にあれほど手間取るものなのだろうか。

フィンがストーム・トルーパーとして、近接武器の訓練していたこともあるのだろうけど、それにしても、というところである。

またその後、ジェダイの騎士として訓練を受けてないはずのレイには、普通に負けてしまっているし。

事前に負傷をしていたことを差し引いても、違和感を覚えるほど、弱い、弱いぞ。

ダース・モールやドゥークー伯爵、ダース・ベイダーといった、歴代の暗黒卿の中でも、群を抜いた弱さだ。

要するにライトセイバーによる戦いは、今回あまり見所がなかったということだ。

 

良くも悪くも今までのスターウォーズの枠組みに収まってしまった作品、というのが現在の感想。

映像技術は着実に進歩してきているし、過去との繋がりもファンには嬉しいものなのだろうが、肝心の物語に新鮮さがなかった。

今後の続編には期待しているし、たぶん見るとは思う。

コメントを残す