自転車用のスマートフォンホルダーを取り付けた。

20160810-01

見知らぬ土地にロードバイクで行くときは、Googleマップがとても役立っている。

しかし、交差点のたびにスマートフォンを取り出して、現在位置を確認するのは面倒だ。

前々からこのようなホルダーが欲しいと思っていたが、今回Pokémon GO(以下ポケモンGO)が始まるとあって、取り付けてみた。

ちなみにポケモンGOは、取り付けてから1週間も経たずに飽きた。

飽きた理由は別の記事にしたので、またどうぞ。

Pokemon GOを初めてから、飽きるまでの感想。

 

製品について

20160810-02

iH-520-STD / iH-520-OS | MINOURA JAPAN

iH-520-STD / iH-520-OS 取扱説明書|MINOURA JAPAN

iPhone6 PlusでSpigenのタフ・アーマー(約164mm*85mm*11mm)を装着した状態でギリギリ取り付けられた。

タフ・アーマー装着時にたいぶサイズが大きくなるので、ちょっと取り外すのにコツがいるが許容範囲内だと思われる。

もう一回り小さいケースなら快適だが、いざ落下した際の防御力でタフ・アーマーを上回る物はあまりなさそうだ。

 

取り付けに関して

20160810-03 20160810-04

取り付け自体は必要な六角レンチが付属されていることもあり、特に苦労する部分はなかった。

金具との隙間に入れるゴムもいくつかか用意されているので、確かに様々な太さの場所に取り付けられそうだ。

ただ僕の場合、上図のような場所に取り付けたが、結構ギリギリだったので一番薄いゴムにした。

それでも図のように少しずらさないと、取り付けるのは難しかったが、取り付けてみてしっかり止まっているから、これで大丈夫だろう。

もちろん事前に取り付ける場所の直径を、調べておいた方が間違いはない。

取り付けながら冷や汗が出てきた僕のようにならないように。

 

使ってみて

段差に乗り上げたくらいなら、なんともなかった。

むしろこれ以上の振動はiPhoneが落ちる前に、段差などのストレスでタイヤがパンクしそうな気がする。

タフ・アーマー自身の厚みも合わさって、ホルダーとのフィット感はとても良く、外れる心配はなさそうだ。

また先ほどの図(詳しくは説明書を参照されたし)を見れば、裏側に白いシリコンバンドがついているが、それでスマートフォンを固定すれば落下を防げるそうだ。

iPhoneが大きく取り付けるのが面倒だから付けてないが、不安な人はそれで止めれば大丈夫そうだ。

 

広告

 

コメントを残す