Windows10の無償アップグレード版をクリーンインストールした結果。

windows10

HDDが故障して、Windows10を大方復旧させるまでの流れをまとめた。

 

経緯

9月頃、Windows7からWindows10でアップグレードしたのち、直後にクリーンインストールを行った。

この時はクリーンインストール時にスキップを行うことで、プロダクトキーの入力を行わなくてもインストールが可能だった。

だがその際に、インストールした際にCドライブが存在するSSDとは別のHDDに、ブート領域が作成されてしまった。

そのHDDが奇しくも10月初旬にご危篤だったので、Windowsが時々起動しなくなるという事件が発生し、再びWindows10をクリーンインストールせざるを得なくなった。

一応クリーンインストールする前の段階として、ブート領域の復旧を試みた。

起動ディスクからスタートアップ修復も試したし、コマンドプロンプトを呼び出していくつかブートを復旧させるためのコマンドを試してみたが、駄目だった。

よってこれ以上悩むよりは、全部入れ直した方が早いとの結論に至った。

 

復旧作業

10月9日(金)、別のHDDにブート領域が作られないようにするために、SSD以外の余計なHDDはすべてケーブルを抜いておき、インストールした。

その後、Windows10の起動を確認して、HDDをすべて接続し直したところ、Windows10のライセンス認証が行われていない旨が、画面の右下にうっすら表示される。

どうにもならないので、本日10月11日(日)Microsoftのサポートへ電話することにした。

サポートへのお問い合せ | Microsoft Hardware

音声ガイダンスに従って、1>3>1>0の順で電話すると日曜だったこともあって、8人待ちとのアナウンスが。

最終的に問題解決するまでに87分も掛かったので、待っている間は気長にHEARTHSTONEをプレイ。

ようやくつながると、滑舌のよいサポートのお姉さんの指示に従い、Windows7のプロダクトキーと、故障したHDDを交換した旨を伝えた。

お姉さん曰く、どうやらハードウェアの変更はMicrosoft側でも把握してたらしく、それでライセンスのロックが掛けられていたらしい。

臨時のプロダクトキーが発行されて、一件落着した。

やはり再インストールする場合は、Windows7を経なくてはならないと、サポートのお姉さんが仰ってた。

無償でアップグレードしているので、仕方ないのだが、クリーンインストールするためには、新しくWindows10を買い直すしかないようだ。

終わり。

 

余談。

電話口でプロダクトキーを伝えるのは難しい。

数字の9とアルファベットのQなど、まるで区別がつかないからだ。

なので、「数字の9」とか「ジャパンのJ」など、伝え方のマニュアルがあるようで、地味だけど大切だと思った。

ちなみにMとWは「マイクロソフトのM」と「ウィンドウズのW」だった、流石( ´_ゝ`)

 

加筆:2015年10月17日(土)

クリーンインストールが楽に:Windows 10プレビュー「Build 10565」のISO公開――7/8/8.1のキーでアクティベーション可能 – ITmedia PC USER

Windows7のキーで直接アクティベーション出来るようになったみたい。

素晴らしい。

コメントを残す