TaoTronics Bluetoothスピーカー TT-SKO2のレビュー。

2015-08-10-18-45-38「TaoTronics Bluetoothスピーカー TT-SKO2」

枕元で使っていたスピーカーをデスクトップ用として、使うことにしたので、その代わりに軽量で使い勝手の良さそうなBluetoothスピーカーを調達した。

TaoTronicsというメーカーは、本社はアメリカだが、名前からして中華っぽい感じがする。

Taotronics – Electronic Products – Auto parts, Computer parts & accessories, Home garden & pet electronics, Portable Devices

中華製と聞くと、先行者を始め、ネタとしてはとても笑えるが、現実的に商品の品質としての印象はやはりすこぶる悪い。

ただAmazonのレビューを見る限り、好印象を受けたので買ってみることにした。

 

外観

2015-08-10-18-47-13

黒とグレーの落ち着いた配色。

会社のロゴも主張しすぎず、個人的には好評価である。

2015-08-10-18-47-012015-08-10-18-46-49

ボタン周りもとてもシンプル。

ボリュームとベアリング(+通話)、電源とシンプルにまとめられている。

20150923-01

中華製と聞いて一番不安に思ったバッテリーだが、2ヶ月近く使ってみて特に膨らんだりすることはなかった。

今後も問題ないことを願っている。

 

機能

こいつを買おうと思ったのは値段(3,000円弱)の他に、その万能さにあった。

まず出力が

  • Buletooth(NFC対応)
  • USBオーディオ
  • ミニプラグ

と、幅広い環境に対応出来るということ。

またバッテリーを内蔵しており、Micro USBポートで充電が容易に行える点も素晴らしい。

連続動作時間は10時間以上と、通常の使用用途では十分な性能である。

 

音質

可もなく不可もなし、むしろ2,000円前後のPCスピーカーレベル。

iPhoneと接続して使用することが主であるが、iPhone本体のスピーカーよりは良くて、かつ大きな音が出せる。

が、ステレオとしての臨場感はほとんど得られない。

お察しのとおり、この価格帯(3,000円)のスピーカーで何を期待するのだろうか。

よりよい音を求めるならば、もっと高価なスピーカーを買わねばならない。

 

総括

僕の場合、車内で使うことがもっとも多い。

前にFMトランスリミッターでノイズ混じりで音楽を聴いていたが、それに比べるとノイズがない分快適であり、何より持ち運べるから汎用性が高い。

プロジェクタで音を出す際にミニプラグで接続すれば、簡易スピーカーとして気軽に使えたりするからだ。

最初から音質に対して期待してなかったので、総じて満足度は高い。

 

広告欄

TaoTronics Bluetoothスピーカー ポータブル高品質Bluetooth 3.0ワイヤレススピーカー コンパクト且つNFC対応 マイク搭載 【1年間の安心保証】TT-SK02

コメントを残す