ダークソウル2のトロフィーをコンプした!

ダークソウル2「トロフィーコンプリート!」

せっかく取得したので、記念に記事でも書こうか。

 

1.トロフィー獲得について

前作はプラチナを獲得するのに、武器コンプが結構面倒だった。

けど、今回は特に難しい条件はなかったように思う。

相変わらず魔術や奇跡などのコンプリートが大変だったが、NPC関連のイベントなどは、周回することで簡単に取得出来た。

 

2.ゲームとして面白かったか?

ストーリーは前作のダークソウルの方が好きだった、個性的なキャラクターも多かったし。

今作は前作以上によく分からない部分が多いというか、むしろ全体として、あるようでないような中身のお話だったと思う。

 

システム面で言えば、前作はソウルレベルを一定範囲に留めないと、マッチングしなくなるのが、とても残念な仕様だった。

今作は、マッチングの上限が定められているので、上げすぎたからと言って、他のプレイヤーと遭遇しなくなるということはなくなった。

でも、超高レベルゆえに何でも出来る万能勇者様になってしまい、個性を出しにくくなったことは仕方のないところか。

 

オンライン回りのゲームシステムは相変わらず最高、スムーズにシングル・マルチが移行するゲームデザインは他に例がなく、3作目だが飽きずにまだプレイしてる。

「部屋を立てる」、「コメントを書いて募集をする」などの野暮ったくて面倒な要素を極力排除し、「協力」と「侵入」という形で、殺伐とした世界観に取り入れたのは素晴らしい。

「紳士らしく気取る」のもよし、「凶行を重ねる罪人」を演じるもよし、良い意味で挨拶などの煩わしい要素を切り捨てている。

 

3.Bloodborneやハイスペック版などについて

Bloodborneは日本橋のジョーシン ディスクピアで体験版がプレイ出来た。

時代設定は19世紀のビクトリア朝だそうで、シャーロック・ホームズの世界とでも言うのだろうか。

画面はとても綺麗になっているが、世界観はあまり好みじゃない。

デモンズ・ダークソウル1&2のダークファンタジー調の雰囲気の方が好きだった。

魔法関係が完全にオミットされていて、近接武器(剣・斧・槌)と遠距離武器(銃)で闘っていく感じ。

戦闘の雰囲気は、過去作から大きな変更はなさそうだが、キビキビと動いているのは好印象。

実際のプレイヤーのレビュー等に期待したい。

 

それともう一つ、ダークソウル2のハイスペック版も出るそうだ。

SCHOLAR OF THE FIRST SIN | DARKSOULS Ⅱ

  • グラフィックの向上により1080pと可変60fpsを実現。
  • 新敵NPC「喪失者」の追加。
  • 敵配置の変更。
  • マルチプレイヤーの最大人数が4人から6人へ変更。

など、既にやり込んだプレイヤーでも気になる部分は多い。

また経験値上げならぬ、ソウル上げをすると考えるとゲンナリするかもしれないが、ちょっと楽しみではある。

しかし新規はともかく、既存プレイヤーがどこまで参入するかは、変更点の少なさから疑問ではある。

コメントを残す