今年も人間性を注ぎ込む一年になりそうです。

darksoul「3人出待ちとタイマン勢を狩る毎日。」

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

今年も皆様にとっていい年であることを祈っております。

以上、テンプレ。

すこし古いネタになるけど、こんなニュースが。

2011年にフロム・ソフトウェアより発売されたアクションRPG「DARK SOULS」。その続編となる「DARK SOULS II」(PS3 / Xbox 360 / PC)の制作発表が,12月8日にアナウンスされた。「DARK SOULS」といえば,高難度ながらも繰り返しプレイしたくなるゲーム性で,世界中のプレイヤーから高い評価を得た作品。その正統な続編となる本作は,前作のゲーム性はそのままに,発見や成長など,RPGが持っている根本的な面白さをより追求した作品を目指しているという。

4Gamer.net ― 制作体制を変えて望む「DARK SOULS II」。ディレクターが宮崎氏ではなくなる理由とは――「DARK SOULS II」特別インタビュー

 

宮崎氏はデモンズソウルとダークソウルの両作品のディレクターを務めた方。

ダークソウル発売後のインタビューもあるので、興味のある方はどうぞ。

ゲーム制作未経験から世界的ヒット作「ダークソウル」を生んだ宮崎英高氏にインタビュー – GIGAZINE

 

しかしまさかのダークソウルに続編が登場するみたい。

デモンズソウルの時は発売がSCEだったので、大人の事情で続編という訳にはいかなかったのだろう。

今回はそのままⅡということで、前作の面白さをそのままに、それ以上のものを期待したくなる次第である。

ただダークソウル発売当初に発生した各種バグは、極力デバッグの段階でなくしてもらいたい。

 

ps3-20121231-163650「エレーミアス絵画世界にて。」

次回作の発表があっても、まだまだダークソウルの世界は活気があり、攻略中に闇霊&復讐霊がガンガン入ってきてくれてるのは嬉しい。

最近は「エレーミアス絵画世界」で闇霊侵入するのに入れ込んでいる。

理由は出待ちされにくいから。

3人で待ち伏せを受けても橋からスタートになるため、基本は1対1で戦える。

むしろ3人もいると後ろが支えるために逃げられず、「ソウルの結晶槍」ぶっ放しがとにかく刺さる。

「黒い森の庭」とか「ウーラシール市街」だと逃げ切る前にやられることが多いからねぇ、まじ勘弁(´・ω`・;)

たまに「赤いサインろう石」で呼んだ闇霊とタイマンしているホストと遭遇するけど、もちろんどっちもぬっころすぜっ(`・ω・´)

お辞儀したりするのは勝手だけど、敵を目の前にして頭を差し出すなぞ言語道断(# ゚Д゚)ゴルァ

射程内であれば遠慮なく「追尾するソウルの結晶塊」を全弾たたき込むぜ( ´_ゝ`)

まだまだ飽きが来ないのがダークソウルの素晴らしいところだわ(・∀・)

 

現在はトロフィーコンプリートを目指して、武器を収集中。

「騎士の名誉」は最低2周しなくてはいけないので面倒ではあるけど、それでコンプなのでさっさと取ってしまいたい。

 

 

コメントを残す