ざわざわ…。

今回は邦画はあまり好きじゃないのだが、今回は「カイジ2 人生奪回ゲーム」をTUTAYAで借りてきた。

原作を知っている分、楽しめるのではないかと思ってね(・∀・)

感想として、まず一言。

微妙だった(;´Д`)

最初の「チンチロ」のシーンを観たときは盛り上がったけど、終盤部分だけが取り上げられたのが残念だ。

あとは終始パチンコ台の「沼」。

途中、「姫と奴隷」というオリジナルギャンブルが出たものの、その後も「沼」。

じゃあなんで「沼」が駄目だったのか。

前作がそうだったのだけど、人対人の駆け引きがこのカイジの「ギャンブル」の魅力であって、今回は人対パチンコの構図にどうしても見えてしまったのが原因。

一条さんイマイチ空気。

原作の方ではチンチロにそこそこ巻数を割いているのでまだバランスが取れていたのだが、映画では沼がメインになり余計にそう見えてしまった。

やはり映画の続編モノとは安牌なようで危険牌。

 

他に最近観た邦画は、

プリンセストヨトミ

GANTZ

ぐらいだが、どっちも個人的にハズレ。

そもそも邦画で洋画のような壮大なスケールの映画は期待してない。

中途半端なCGを見せられた日にはもう我慢出来ない。

キャシャーンとかキャシャーンとかキャシャーンとか。

逆に孤高のメスとかおくりびととかは感動した。

どちらも人の生死に関する映画で作品自体スケールが大きいとは言えず、全体として重苦しい雰囲気だが、逆に洋画にはない独特な雰囲気があっていい。

決して邦画が嫌いなわけではないのだけど、何か勘違いした作品が多いから好きじゃないのだと思う。

コメントを残す