京都水族館に行ってきた。

『京都水族館』

京都水族館公式ホームページ

シグマの『18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM』を買ったものの、平日は忙しすぎて撮る暇がなかった。

せっかく便利なズームレンズも買ったので、ちょっと遠出をしてみようと@seiji_jugとともに自転車にて京都まで行ってきた。

『オオサンショウウオ』

まさかのオオサンショウウオからはじまった。

動かない・わかりにくい(保護色的な意味で)・不気味の3点セット。

でも水族館の中の目玉らしく、おみやげコーナーのプッシュは半端なかったけどな!

『カエル』

何カエルだったかはよく見てない。

テカリ具合がなんとも言えない。

『イワナ&ヤマメ』

由良川の上流・中流・下流をひとつの水槽で表現しました。上流ではイワナとヤマメ、中流ではムギツクとズナガニゴイ、下流ではコイとギンブナがゆうゆうと泳ぎます。由良川にすむいきものと四季のうつり変わりをお楽しみください。

京の川ゾーン|展示ガイド|京都水族館公式ホームページ

オオサンショウウオとカエルとこれとで京の川ゾーンらしい。

『オットセイ』

水槽をガラス越しに横からと上からの俯瞰の2つを楽しめる水槽。

水中で泳ぐ様はまさに魚雷のごとく無駄がなく、それでいて素早い。

生きのいい子は飛び跳ねてた。

『ペンギン(水中)』

ペンギンを生で見るとテンションが上がるね(`・ω・´)

京都水族館でも力を入れているようで、「ペンギンゾーン」という括り。

水槽の上の方でしか泳いでなかったので、こんな写真になった。

 『ペンギン(陸上)』

 ついつい調子にのってばんばんシャッター切っちゃった(∀`*ゞ)

ここのエリアが一番素晴らしかったのは言うまでもない。

もちろん個人的にだが。

『大水槽』

ずーっと眺めても飽きない。

冷房も効いてて、外の暑さを忘れさせてくれる。

『無脊椎の世界』

イソギンチャクやエビ、タコなど。

タコの顔を見ているとヤマツカミの元ネタはこれだと確信出来る。

『いきもののさわりかた』

カメラを汚したくなかったので触らなかったが、@seiji_jug曰く、想像とは違って硬かったそうだ。

『くらげのこども』

養殖施設?のようなものも途中で見学できた。

恐るべき透明感。

『くらげ』

ペンギンの次くらいに感動した。

ふわふわ浮かんでいる姿は、綺麗としかいいようがない。

『ズワイガニ』

うまそう。

 

とってもいい加減なレビューだったかもしれないけど、写真を見て頂ければ解説など不要だろう(ぇ

ガラス反射や光源不足、純粋な技術力不足で、ボツになった写真の方が圧倒的に多いが、これから練習して練度を上げていこうと思う。

ちなみにイルカショーも行われていたが、あまりの人の多さに良いポジションを確保出来ずに諦めた。

もし観られる場合は、早めに席を確保しておくことをオススメする。

コメントを残す