EOS Kiss X5 ダブルズームキットという選択。

「Canon EOS Kiss X5」

最近の浪費癖がまじハンパねーと思う。

でも衝動買いというよりは、結構前から欲しかったんだ。

去年くらいにカメラ撮影の任務を拝命した時に、たまたまCanonの上位機種を触る機会があった。

その時に調子に乗ってたくさん写真を撮影していたのだが、オートフォーカスの早さが異次元のレベルだった。

今までコンパクトデジタルカメラ(以下コンデジ)か、携帯のカメラ程度だった僕にはまさに爽快だったわけだ。

それに…5年前から使っていたSONYのCyber-shotで撮った画像よりも、iPhone4Sの画像の方が綺麗だったのも衝撃だった。

僕の使ってたコンデジはもう時代遅れになってしまったのかと。

 

今回選んだこのCanon EOS Kiss X5は初心者から中級者までと間口が広いにも関わらず、現時点(2012年5月)の相場が6~7万程度とデジタル一眼レフというジャンルの中では安い部類に入る。

僕はJoshinで68,000円で買った。

ネットで買うよりも割高ではあったが、その分ポイントでアクセサリを付けて頂きイーブンというところ。

ちなみにチョイスしたアクセサリは、

ハクバ写真産業 デジタルカメラ用液晶保護フィルム Canon EOS Kiss X5専用 DGF-CEKX5

ハクバ写真産業 MCレンズガードフィルター 58mm ブラック CF-LG58 * 2(EF–S18–55mm F3.5–5.6 IS II&EF–S55–250mm F4–5.6 IS II用)

Canon バッテリーパック LP-E8

である。

後でAmazonにて追加で、

Canon レンズフード EW-60C (EF–S18–55mm F3.5–5.6 IS II用)

Canon レンズフード ET-60 (EF–S55–250mm F4–5.6 IS II用)

をぽちった。

撮影画面外からの光を遮ることでレンズフレアを防いだり、レンズ自体を物理的に保護する効果もあるのだから一応付けておこうと思った次第である。

いろいろ設定する項目が多いので、オートに頼らずに環境に合わせて適切に設定出来るようになりたい(`・ω・´)

「適当に撮影してみた図」

エントリーモデルとはいえ、今まで使ってきたコンデジやiPhone4Sと比べるだけ失礼なくらいの高画質&高速AF。

快適過ぎるわ(;´∀`)

こいつを手にいろんなところへ行ってみたいね( ´_ゝ`)

コメントを残す