PCの改造完了。

「i72600k + ASUS P8Z77-V + ADATA DDR3 1866 2GB * 2」

少し私生活で嫌なことがあったので、ストレス発散に衝動買いした。

CPUクーラー、ケース、電源、SDDなどはそのまま流用して、CPU+M/B+MEMだけ換装することにした。

と言っても相当な性能向上が望めるはず。

「CPUクーラーと前M/BのP5Q」

LGA775からようやく卒業できるぜ、ふへへ( ´_ゝ`)

E8400を3.6GHzまでOCして使ってたけど、エンコードしたりゲーミングではいろいろキツかった。

Skyrimでウィンターホールド大学の吹雪でCPU100%になってる辺りがダメダメだわ(;´∀`)

「完成図」

ただ組み上げてる最中気になったことは、CPUクーラーのKABUTOがやたらでかくてメモリや電源を挿すのに手間取った。

とても冷却効果が高いのだが、取り付ける難易度の高さは何とかならんものか。

「ASUS P8Z77-V BIOS画面」

あと、組み上げた後、CPUFANのエラーが表示された。

低負荷時にそれほど回転してないみたいで、250RPM前後で回転しているのが引っかかったみたい。

応急処置としてBIOSの検知を無効化することにした。

「Windows エクスペリエンス」

コストパフォーマンス最高、2600Kバンザイ!(゚∀゚)

E8400 3.6GHz(OC)の時はプロセッサが6.9で頭打ちだったのが嘘のようだ。

エンコードも爆速、Skyrimはまだプレイしてないけど、Civ5でMAP最大でやったけど、ガリガリ動いてくれるのは素晴らしい。

Skyrimを再びプレイしたいけど、MODを何入れてたか忘れてしまった。

再び構築するのがめんどいなぁ(;´Д`)

コメントを残す