ファイナル・デッドブリッジ(Final Destination 5)を観終わって。

TSUTAYAでたまたまファイナル・デッドブリッジを発見してしまったので観てしまった。

Final Destination 5と書かれている通り、Final Destinationというシリーズの5作目。

一応ホラー・サスペンスというジャンルではあるが、怖さ成分よりもグロさ成分が高く感じる。

話しとしては、

  1. 主人公の青年(学生~社会人、女性だったこともある(2,3作目))が大事故の予知夢を見て、事故を回避する。
  2. 主人公と共に助かった人たちが、主人公の夢に死んだ順番に、謎の不審死を遂げる。
  3. 主人公が死の順番に気づき、死の運命を回避しようとする。

全シリーズ通して全くブレることなくこの流れ。

最初の大事故と、「主人公が気づく」までの仲間の死のグロテスクさが何とも言えず、言わずもがな耐性がないとキツイ。

どの仕掛けで死んでしまうのか、このハラハラ感がこの作品の最大の魅力なのですけどね。

今作は前作までと違い、誰か身代わりを立てれば助かるというルールが追加されたみたい。

ただ、最後のオチは秀逸だったね、いいファンサービス。

流石にそれは予想出来なかった。

おっとコレ以上はネタバ(ry

コメントを残す