Windows 8 Consumer PreviewをVirtualboxにインストールしてみた。

「Windows 8 Consumer Preview版」

Windows 8 Consumer Preview

アメリカの現地時間で2012年2月29日に公開された。

『無料』でダウンロード出来ると聞くと、ついつい試したくなっちゃうんだ。

一応次世代Windowsだし、気になるわけで。

 

Windows 8 Consumer Preview のシステム要件を教えてください。

Windows 8 Consumer Preview は、Windows 7 が動作するのと同じハードウェアで問題なく動作します。

プロセッサ: 1 GHz 以上

RAM: 1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)

ハード ディスクの空き領域: 16 GB (32 ビット) または 20 GB (64 ビット)

グラフィック カード: Microsoft DirectX 9 以上のグラフィックス デバイス

特定の機能を使用するための追加要件:

タッチ機能を使う場合は、タブレット、またはマルチタッチに対応しているモニター。

Windows Store にアクセスし、アプリをダウンロードして実行する場合は、インターネット接続と 1024 x 768 以上の画面解像度。

アプリをスナップする場合は、1366 x 768 以上の画面解像度。

Windows 8 Consumer Preview: よく寄せられる質問

新しくPCにインストールするのは面倒なので、仮想マシンを使う。

今回は、Virtual Boxを使ってインストールしてみる。

Oracle VM VirtualBox

セットアッププログラムは使わず、ISOファイルが用意されているのでそちらを使う。

Windows 8 Consumer Preview の ISO 形式

Windows 8 Consumer Preview をインストールするにはプロダクト キーが必要ですか。

Windows 8 Consumer Preview セットアップ プログラムを使って Windows 8 Consumer Preview をインストールする場合は、プロダクト キーの入力は必要ありません。セットアップ プログラムによって自動的に指定されます。 インストール メディアを作成し、そのメディアからお使いの PC を起動して、Windows 8 Consumer Preview をインストールする場合は、このプロダクト キーを入力する必要があります。

NF32V-Q9P3W-7DR7Y-JGWRW-JFCK8.

Windows 8 Consumer Preview: よく寄せられる質問

「新規仮想マシンの作成」

そのまんま(;´Д`)

OSタイプのところって、『マーク』と『仮想マシンの初期設定メモリ』しか変わらない気がする。

「仮想マシンのメインメモリ(RAM)」

システム要件の2GBにしてみる。

「仮想ハードディスク」

OSの起動ディスクの選択。

新規作成して、そのHDDを起動ディスクにする予定。

「ハードディスクストレージタイプ」

可変はなんとなく嫌なので、固定サイズでこれもシステム要件の20GB(ダウンロードしたのは32bitだったけど)にした。

「ISOの読み込み設定」

初期設定完了後、このまま起動してもディスク(ISO)から起動してインストールを開始出来ないので、先に設定画面を開いてISOファイルをストレージに追加しておく。

「起動開始」

「Windowsセットアップ」

過去のWindowsでも見たことある気がする画面。

特に弄る点もなく次へ。

「今すぐインストール」

これも何だか見たことある画面。

左下に『コンピューターを修復する』というのもちゃっかり残ってる。

「Windowsのライセンス認証を行うためのプロダクトキーを入力してください」

ここで先ほどの、

Windows 8 Consumer Preview: よく寄せられる質問

に書いてあったプロダクトキーを入力すればおk。

「インストールの種類を選んでください」

もちろん、空っぽの状態なので下の、

『カスタム設定:Windowsのみをインストールする』

を選択する。

「ドライブ作成」

20GBで新規パーティションを作り、そこにインストールする。

「Windowsをインストールしています」

じりじり待つ。

「パーソナル設定」

PC名を決められるので、条件に従いながら入力。

「設定」

面倒くさいので『簡単設定を使う』を使う(ぇ

「スタート」

完了。

「VirtualBox Guest Additions」

VirualBoxの独自機能として、シームレスに仮想マシンが操作出来るようになる、『VirtualBox Guest Additions』なるものがある。

インストールできるかなぁと思って、やってみたけど・・・上手く行かなかった。

 

あと補足として、ネットワークアダプタが使えなかった。

割り当てはブリッジアダプタにして、試したが駄目。

『高度』の中の『アダプタタイプ』を

PCnet-FASTⅢ -> Intel PRO/1000 MT Desktopに切り替えたら無事に認識した。

ドライバの問題かな?

 

とりあえず今日はインストールだけ。

触ってみた感想とか、後で書こうと思う。

コメントを残す